NPO法人 防災士なかつがわ会
 

   ご挨拶

 日頃より「NPO法人防災士なかつがわ会」の活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 「NPO法人防災士なかつがわ会」は、2011年7月に会員わずか7名で「なかつがわ防人会」としてスタートし、翌2012年4月には「防災士なかつがわ会」、そして、責任ある継続できる組織を目指し2016年6月に「NPO法人防災士なかつがわ会」となりました。会員も2019年7月現在で112名となりました。

 私たちは、中津川市において、中津川市、中津川市教育委員会、中津川市社会福祉協議会、中津川警察署などの公的機関との連携を図りながら、防災体験フェスティバルや防災紙芝居、各種研修会、公共施設の備品転倒防止対策、会員のスキルアップなど様々な活動を次の理念の基で実施しております。

その1. 他人事ではなく、「自分・家族のため」に具体的に何をすべきかをお示しする。
その2. 防災・減災のためには「安全安心な地域づくり・まちづくり」が必須であるとの観点から、振込詐欺、交通安全、つれさり防止対策、火災予防、救急救命など「集まる場・コミュニティ」の形成に繋がるような啓発活動を実施していく。
その3. 今後、何十年、何百年経ってもこのような活動は必須であり、そのためには継続できる組織・体制つくりの他、常に市民目線での民主的な会の運営で地域に認めていただける組織を目指す。


 これからも、いつ来てもおかしくないと言われている東海地震や東南海地震などの巨大地震やますます活発化するゲリラ豪雨などの災害に備え、防災・減災活動を実施してまいります。

 今後とも、皆様のご支援とご協力を宜しくお願いいたします。
 
 
NPO法人防災士なかつがわ会
理事長 吉村 輝雄






| お問い合わせ |