NPO法人 防災士なかつがわ会


  防災士なかつがわ会ではさまざまな活動をおこなっています。

 トピックス
  2020.08.25  令和2年度・落合中学校で「命を守る訓練」を実施しました。
●落合中学校で始まった「命を守る訓練」を3講座に分けて3年間で完了するという継続性を考えた防災教室。今までは体育館で全校生徒が一緒に受講していましたが、3回目の今年度は新型コロナ対策で学年別にそれぞれの教室で同時開催しました。
●この講座は落合地区社会福祉協議会(森義行会長)が防災士なかつがわ会と共催で小学校児童を対象に行っていた「ジュニア防災教室」を受けて小中学の9年間で一連した防災教室を行うというものです。
●この活動の支援者として多くの地区役員も参加していただいており、児童・生徒・学校・そして地区からと、一丸して地域防災力を強化しようとするものです。
●流れ:①地震発生時のシェイクアウト ②防災講話「新型コロナウイルスへの対応と災害への対応」 ③クロスロードゲーム ④心肺蘇生 ⑤家族防災会議の案内
●プレゼンター:1年生・黒田ところ(市議会議員/防災士なかつがわ会・顧問)、2年生・原富己夫(防災士なかつがわ会・落合地区リーダー)、3年生・久保盛(落合まちづくり推進協議会地区防災部会長/防災士なかつがわ会)
●コメント:①大盛の内容であったが特に「大災害時に頼りになる中学生」、「そのために生き残ってもらうための家具転倒防止対策」を説明。 ②クロスロードゲームでは「満員となっている避難所に避難者が来た場合の対応」を問うたが、短絡的な発想ではなくより広い視点からの素晴らしい回答が多くの生徒から寄せられ、改めて継続して実施していくことの大切さが確認できた。、
  Link:
  2020-06-14  刺股取付け作業が新聞に紹介されました
新型コロナウィルス感染拡大の影響により中断していた市立幼稚園・保育園の備品転倒防止作業が6月7日から再開しました。
6月14日西幼稚園の作業では、中津川警察署と市役所幼児教育課の立会いにより刺股を取付ける様子を新聞社の取材を受け、中日新聞・岐阜新聞に掲載していただきました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2020-04-12  市立幼稚園・保育園備品転倒防止作業
今年度は市からの委託を受け、市立幼稚園と保育園の備品転倒防止作業を実施します。
4月5日 中津川幼稚園(作業箇所27)・南幼稚園(作業箇所21)、参加者12名。
4月12日 一色保育園(作業箇所43)・中津川保育園(作業箇所40)、参加者12名
新型コロナウィルス対策としてマスクの着用と手指の消毒をしての作業となりました。
新しい試みとして、ピアノと刺股の固定も行いました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2020-02-19  中津川市長に報告会
2月19日
清流の国ぎふ防災、減災センター
第1回防災活動大賞 受賞の報告と活動を中津川市長に報告いたしました。
市役所から市長、他4名職員さんの参加
防災士なかつがわ会から吉村輝、杉山、吉田、黒田、伊澤の5名での参加でした。
受賞した内容を黒田さんが報告、昨年までの活動、学校への家具転倒防止、今年の活動計画など詳しく杉山さんが報告いたしました。
安心、安全なまちづくりを目指して市、住民、と協力してこれからも活動をして行く事などいろいろなお話しが出来ました。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-12-27  防災勉強会
12月27日かがやきキッズクラブで行われました。
参加者 児童 先生
防災士なかつがわ会 黒田、吉田、伊澤さ
トイレのお話し
ドラえもん体操
新聞紙でスリッパ作り
和やかに遊びながら、とっても楽しそうでした。
防災の勉強は繰り返し何回もしないと分からないので、またお願いします
といわれました。
主催者の方にそう言って頂けると嬉しいです。
有難うございました。
またよろしくお願いいたします。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-12-25  防災活動大賞
清流の国ぎふ 防災、減災センター
第1回防災活動大賞が12月21日に「岐阜市生涯学習センター大研修室」(ハートフルスクエアーG2階)で行われました。
岐阜県内で行われている防災活動を一堂に集めて皆さんに披露して、これらの防災活動の中から特に優れた活動を「防災活動大賞」として皆さんから投票して頂き決まります。
防災士なかつがわ会から黒田さんが「防災対策はまちづくり(小、中学校を対象とした防災教室)という題で1分間のプレゼンテーションをしてその後、各パネルの前で説明をしました。
その結果25組の中から、3組のグループに大賞が決まり「防災士なかつがわ会」も受賞されました。
みなさんのおかげで頂く事が出来ました。
本当に有難うございました。


  Link:防災士なかつがわ会
  2019-12-11  苗木学童保育所防災教室
12月7日苗木交流センターで行われました。
参加者    学童54名
学童指導員  7名
防災安全課  2名
苗木地区社協 5名
社協職員   1名
防災士なかつがわ会 8名
防災紙芝居(自分の命は自分で守る)
○×クイズ
救急救命(ドラえもん体操)
アルファ米の説明
起震車体験
ガラスに見立てた石踏み体験
避難所設営(避難所体験)
どの子供さんも一生懸命でとても楽しく体験していました。
実際被害に会えば決して楽しくは在りませんが、防災教室では楽しく体験して頂き、覚えて頂くのが一番だと思います。
みなさん有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-11-27  自分の命は自分で守る「その命はきっと誰かを幸せにできる」
坂本小学校4年生を対象に行われました。
参加者
4年生児童 120名  先生  4名 
社協、民生委員、13名
市職員 2名
防災士なかつがわ会 9名
● 紙芝居、パワーポイントなどを使って講話
● ドラえもん体操
● 起震車体験、避難所作り、ガラスに見立てた卵の殻ふみ
● 段ボールで簡易トイレ作り
● 自分で命を守る為には何ができるか、の課題でグループワーク
などたくさんの課題に取り組み、皆さん、目を輝かせて一生懸命取り組んでいました。
何か一つでも身につけて今後の役に立てて頂ければと思います。
児童のみなさんおつかれまでした。
計画をして頂いた先生ありがとうございました。
スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-11-22  防災勉強会
11月20日 やさか子育て支援 
防災勉強会が行われました 
参加者 小さい子供さんを持つお母さん  15名
市職員 3名
防災士なかつがわ会 3名 原ふ、伊澤よ。伊澤さ
防災エコクッキング(焼きそば、ご飯)を作り
新聞紙スリッパ作成
防災勉強会
器作り
最後に試食会でした。
みなさんとても熱心に取り組んで頂き楽しく勉強会ができました。
出席頂いたみなさんありがとうございました。
焼きそば、ご飯 とても好評でした。
防災士なかつがわ会の スタッフさん有難うございました。


  Link:防災士なかつがわ会
  2019-11-06  長野県災害ボランティア活動
第2弾メンバー
(敬称略 原廣志、杉山昭仁、熊澤好文、脇坂一義、西尾昇、大橋雅樹
 吉村輝雄)のみなさんです。
まだまだ要望もあり手つかずの所もたくさんあります。
寒くなる前に対応してあげたいです。
<報告>
いつも思うことですが、勉強会の啓発活動では相手の受け止め方がわからず、終わっても反省すべき事がありました。その点災害ボランティアはボランティ先でも喜んで頂き満足感が残ります。
まだまだ支援が必要
被害にあわれたお宅とは事前にマッチングを済ませ、そこにボランティアを順番に配属させる方式でスムーズな運営ができていた、駐車場の問題は、最初からサテライトに行けばより効果的な活動ができると思われる。
担当者 吉村輝雄
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-10-27  長野県災害義援金募金
東美濃ふれあいセンターで行われた中津川市菓子まつりで10月27日10時~12時に会場入り口で中津川市ボランティア連絡協議会の一員として長野県災害義援金募金に参加した。本来は赤い羽根共同募金の予定でしたが、台風19号による災害で急遽、災害義援金募金に変更して実施した。マスコミの影響も有り、多くの方にご支援をいただけました。中津川市社会福祉協議会経由で長野県へ送らせていただきます。
ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-10-11  防災勉強会
10月7日9日
川上小学校で防災教室が行われました。
生徒数  34名 
先生   6名
防災士なかつがわ会 2名 黒田 伊澤
4時間目の授業で「防災勉強会が行われました」
黒田さんのお話し 防災の事を詳しく、小学1年生の児童にも分かり易く説明
机のしたに入るだけでは駄目 しっかり足も持つ、断層とは何か
などたくさんお話しでした。
その後「救急救命ドラえもん体操」をしました。
みなさん真剣に取り組んでいました。
とても明るくて素直な子供さんでした。
有難うございました。



  Link:防災士なかつがわ会
  2019-10-09  防災勉強会
10月7日
中央公民館で子育てをするお母さんを対象に「防災エコクッキング」
できる間に講話
参加者 20名
防災士なかつがわ会 3名 黒田、原ふ、伊澤
ごはん、カレー作りました。
ご飯は乳幼児のためにお粥、カレーのルー抜きも作りました。
調理している間黒田さんの防災、減災のお話しでした。 
どのお母さんも一生懸命に取り組んでおみえでした。
ご飯もカレーも失敗することもなく上手に出来ました。
防災、減災に少しでも関心を持って頂ければと思います。
お疲れ様でした。
みなさん有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-10-07  令和元年度リーダー育成講座
10月6日健康福祉会館4Fで行われました。
受講者  53名
防災士なかつがわ会 9名 お手伝い
(株)トライ    6名
講義 土砂災害対策 恵那土木事務所 加藤知也様
講義 地球の仕組みと被害 岐阜大学工学部 能島暢呂様
実習 アルファ米による昼食
講義 公的機関による予報 気象庁  伊藤等様
講義 都市災害      岐阜大学 高木朗義様
実習 DIG災害図上訓練  岐阜大学 高木朗義様
講義 行政の災害対応   防災課  平野浩司様
講義 家庭防災      防災士  加藤吉晴様   
このようなスケジュウルで行われました。 
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-09-29  男の居ー場所
9月28日中津公民館講座
参加人数 7名
防災士なかつがわ会  3名
防災講座
「講座と段ボールトイレの作成」
黒田さんのパワーポイントを使ってのトイレの必要性のお話
うん うん とうなずきながら熱心に勉強されていました。
その後「段ボールを使って簡易トイレを作成しました。
さすがにご年配者さん サクサク作ってしまいました。
ほんの少しの間でしたが、楽しく交流できました。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-09-24  東農東部防災力強化ネットワーク会議
日時:9月17日 18時30分~20時30分まで
場所:健康福祉会館4F
参加人数45名
自主防災会組織つくりと安否確認
今回は中津川市が担当で 可児市、下呂市、御嶽市、川辺町、岐阜市、多治見市
土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市
の皆様に起こし頂きました。
各市の代表の方達の発表から始まりました。
防災士、市職員の皆さんの発表でいろんな取り組みをされている事がわかりました。
グループワークでは日ごろお話できない方達とも和気あいあいと活発に意見が飛び交い,とても良い交流会が出来ました、遠くかお越しの皆様ありがとうございました。
次回は瑞浪市で開催されます、宜しくお願い致します。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-08-29  命を守る訓練
8月28日 落合中学校で「命を守る訓練」防災訓練が行われました。
参加者  生徒 全員  先生
お手伝い、落合地区役員 29名
防災士なかつがわ会 7名
講和  水害について(土砂崩れなど)
     DIG クロスロードゲーム
     最後に「救急救命ドラえもん体操」
今年は学校の廊下、階段にダンボールにガラスと書いて置いてあり、体育館に
避難するときには踏まないようにきていました。どの生徒さんも真剣に取り組んで、ドラえもん体操も昨年より多くの参加でとても良かったです。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-08-21  備品転倒防止
今年は中津川市全中学校の「備品転倒防止」をしています。
夏休みを利用しての事業です。
8月18日に行われたのは、第2中学校と福岡中学校でした。
暑い中での作業でしたが防災士のみなさん、この日は中学校の生徒さんも含めて一生懸命の作業でした。
生徒さんは初めて工具を持ち分からないながらも、防災士のみなさんに指導を受けながら奮闘していました。
みなさんお疲れさまでした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-08-21  中日新聞
8月21日
防災士なかつがわ会の備品転倒防止事業
新聞に掲載されました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-08-13  公民館講座
「減災塾」
  ハザードマップとDIG
~自分命は自分で守る方法を学ぼう~
今月はハザードマップを使用したDIGを
(株)トライ 田口さんに講義して頂きました。
受講者は防災士なかつがわ会、一般の方 合わせて約25名でした。
● 降水量と風水害
● 火山大国日本
● 地震大国日本
● 土砂災害先進国日本
●ハザードマップの種類と活用
● 防災士の活動
● 地域安心マップのすすめ
● DIG災害図上訓練
大きい地図の上に講師の指示でマジックで書き込み、最後はみなさんの発表でした。
みなさん一生懸命取り組んでみえました。
有難うございました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2019-08-10  坂本地区学童災害体験教室
坂本、あおぞら、8月6日、7日の2日間に分かれて体験教室が行われました。
参加者 坂本小学校 学童
スタッフ
学童指導員、社協役員、民生委員、福祉推進員、小学校先生
防災士なかつがわ会
● アルファ米の説明
● 防災借り物競争
● 119電話体験
● 救急救命ドラえもん体操
● 避難所設営
● 防災エコクッキング(焼きそば)作り体験
● 避難所体験、食事
8年目と言う事も有り、どの子供さんも、大きい子は小さい子の面倒を見ながら一生懸命体験していました。
とても良かったとおもいます。
スタッフのみなさん、お疲れさまでした。
有難うございました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2019-07-26  ジュニア防災教室
7月26日(金曜日)
落合ジュニア防災教室が行われました。
参加児童  137名の参加
民生委員児童委員、・地域福祉委員・防災士なかつがわ会。PTA・先生
みなさまの協力の元プログラムにそって行われました。

避難受け入れシュミレーション、防災紙芝居、〇×クイズ、新聞紙スリッパ作り
救急救命ドラえもん体操、ドローン説明、動画視聴
防災エコクッキング「焼きそば」作り

ワレガラス体験、ドローン実演見学
パテーション作り「避難所体験」グループワーク 
その後食事 段ボール片付け、各グループの感想発表
もり沢山のスケジュール中どの子供さんも元気いっぱい楽しそうに体験されていました。

今日の担当者  防災士なかつがわ会  原富己夫


  Link:防災士なかつがわ会
  2019-07-25  災害体験教室
7月23日(火曜日)9時から
阿木地区学童災害体験教室が開催されました。
防災紙芝居、〇×クイズ、たまご殻踏み体験のあと、実物のダンボールでパテーション作りを体験しました。
また、防災エコクッキングで焼きそばとご飯を作りました。
自分達で作った新聞紙の容器で食事をしました。

今日の担当者 防災士なかつがわ会 西尾昇
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-07-18  第2回減災塾
日時;7月13日10時~12時
場所;中央公民館
内容;自主防災会に於ける「安否確認の必要性と先進事例」
(地区として最も重要なのは安否確認です。今回は自主防災組織の見直し方法とか安否確認の基となる個人情報収集やその集計などの事例が紹介されました。)
減災塾の趣旨「自分の命は自分で守る」の為の勉強会です。
今回1時間のグループワークが有り、防災士のみなさん、防災士でない方々の意見交換が活発に行われました。
いろんな意見が飛び交いとても勉強になりました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2019-06-26  こども交流会
日時;6月22日(木曜日)9時30分~12時
場所;落合ゆうらく苑
参加者 乳児を持つ保護者12組
落合地区社協、落合地区民生委員、児童委員、防災士なかつがわ会(久保、原富、黒田、吉村)

9時30分~民生委員に対するパッククッキング講習
10時~幼児を持つ保護者を対象にした交流会と防災の話
11時30分~パッククッキングで炊飯した焼きそばとご飯で食事
総評;久保さんが新たに作成したパワーポイントや黒田さんの「災害時に子供を守れるのはお母さん」「避難所には子供の靴を忘れないで」など被災地事情を含めた話で印象付けてもらえたと思います。お子さんは持参した写真を館バッチにしてもらっていました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-06-17  2019年6月14日 災害から身を守る
ふれあい学級研修会が福岡公民館で行われました。
高齢者の方を対象に
1 災害から身を守る
2 消費生活出前講座
3 高齢者の交通安全
課題は3個あり 防災士なかつがわ会では 1 の災害から身を守るを担当しました。防災士なかつがわ会から2名参加。
地震、災害から身をまもるにはどうしたらよいか。
家庭内DIGを図にして紹介
非常用持ち出し袋には一番何が必要か
トイレの大切さ
などをお話したりクイズをしたりして皆さんと楽しく交流できました。
最後に「また同じ話をしてもらわんと忘れてしまうから来年も来て下さい」
と参加者の方から声を掛けて頂きました、嬉しかったです。
有難うございました、来年お会いしましょう。

  Link:防災士なかつがわ会
  2019-06-12  中央公民館講座「減災塾」が始まりました。
●6月8日(土)中央公民館講座・地域の絆づくり講座『減災塾~自分の命は自分で守る方法を学ぼう』の第一回講義を開催しました。
●この講座は、『暮らしの中には、危険がいっぱい。自分の命や財産を守る』学びの場として開催しています。
●第一回講義は「自主防災会に於ける防災訓練計画書の作成」についてお話ししました。
●この『減災塾』は、来年の3月まで、月1回 第2土曜日 10:00から12:00まで 中央公民館で開催します。
●次回は、7月13日(土)第二回講義『災害時の安否確認の先進事例(自分・家族、近隣、自主防災会として)』のお話です。
●受講料は無料です。ぜひ、ご興味のある方は、随時ご参加ください。
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-06-04  災害ボランティアセンター研修会
6月3日(月)19時30分~21時
福岡、田瀬地区で災害ボランティアセンター研修会が行われました。
主催;福岡社会福祉推進協議
参加者;自主防災会、町内会長、地区役員、民生児童委員、日赤奉仕団
43名参加
防災士なかつがわ会;原廣志、熊澤好文、黒田ところ、井口総野子、吉田真、吉村輝雄    6名参加
田瀬地区は「7年ほど前から高齢者の見回り隊を立ち上げており日頃からお互いの見守り活動を行っています。個人情報をとやかく言う人もおらず当たり前に隣近所の状況が掴めている。」と言う事を聞きました。
安否確認の基なる情報も掴めており、田瀬地区から福岡全体に広まれば良いとおもいました。他の地区でお話させていただける良い事例をお聞きしました。(他のグループでは、ニュアンスの異なる発言も有ったようですが)
  Link:防災士なかつがわ会
  2019-05-21  NPO法人防災士なかつがわ会総会
2019年度5月20日防災士なかつがわ会の総会が行われました。
約60名の会員の参加
中津川市長を初め総務部長、防災課課長、警察署他10名のご来賓で、盛大に行われました。
今回は理事長、副理事長など役員改正が行われました。
新体制になりました防災士なかつがわ会をよろしくお願いいたします。
  Link:防災士なかつがわ会
  2018-10-25  平成30年度 中津川市地域防災リーダー育成講座
10月21日 健康福祉会館 4階多目的ホールで行われました。
今年は47名の方が受講されました。
防災士なかつがわ会から8名がお手伝い兼研修
1日目は
講義~避難と避難行動     ~ 岩井 慶次様
講義~近年自然災害に学ぶ   ~ 川口 正志様
実習~アルファ米による昼食    伊澤 米夫様
講義~中津川市の地形の生い立ち~ 大林 達生様
  この間に救急救命ドラえもん体操
講義~災害と交通のインフラ  ~ 青木 拓郎様
講義~土砂災害と対策     ~ 佐藤 博信様
講義~行政の災害対応     ~ 平野 浩司様
講義~家庭防災        ~ 加藤 吉晴様
1日目は無事終了しました、後3日頑張って下い。
  Link:防災士なかつがわ会
  2018-10-24  連れ去り防止教室
10月19日 高山小学校全校生徒対象に「連れ去り防止教室が行われました。
防災士なかつがわ会から7名でのお手伝いでした。
初めは紙芝居
大声で「助けて」の声だし 皆さん大きい声で「たすけてー」の声が出ていました。
防犯ブザーでの対応、どこに付けたら確実にならせるか、電池は切れていないかなど、また 車から声掛けされた時はどのように逃げるか、カバンを捕まれた時などいろんなパターンでの対応  みんなで力を合わせて大切な命を守る方法の勉強会でした。

午後からは坂本学童での連れ去り防止教室が有りました。
防災士なかつがわ会から2名の参加
約50名の生徒さんでした。
連れ去り防止紙芝居から
やはり大声を出すのは基本です「たすけてー」の声だし
高山小学校と同じ事のお勉強をしました、
ここは1時間有りましたので最後に「救急救命ドラえもん体操もしました。
どこの学校の生徒さんも元気に参加して頂きました。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2018-10-15  親子防災教室
10月12日 西小学校6年生を対象に「親子防災教室」が行われました。
児童、保護者 合わせて100名
防災士なかつがわ会 会員
市下水道部職員
消防署職員
CSネットワーク中津川 会員
新聞紙でスリッパを作成 それを使ってガラスに見立てたた卵の殻踏み
半分ずつに分かれて、地震によついてと災害時にはいつも問題になる災害用トイレのお話。
一方では 応急手当、胸骨圧迫、AEDの使い方などの講習
最後に救急救命ドラえもん体操でした。
時間は余り有りませんでしたがみなさん一生懸命で楽しく親子で学べて、とても良い講習会だと思いました。
このような企画をして頂いた学校の先生保護者のみなさん 有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2018-10-13  どんぐり親子教室
10月10日 どんぐり(子育て支援の幼児学級)防災教室がありました。
昨年も参加して頂いた方も数名おみえでした。
15名の親子さん参加
防災士なかつがわ会 黒田さん、伊澤の2名
黒田さんのお話から
地震が来たら 親なら誰でも思う事が「子供だけは助かって欲しい」自分が犠牲になってもと子供だけ守る、でも生き残った乳飲み子の赤ちゃんは幸せですか?
の問いかけにみなさんうなずいてみえました。
子供だけではなく親子で助かる方法を考えましょう。
から始まり地震の怖さ非常用持ち出し袋の中身、紙芝居、ビデオでのお話。
その後トイレの大切さ、ダンボールトイレの作り方
その後救急救命ドラえもん体操をしました。
子供さんも泣く事もなくみなさん一生懸命勉強されていました。
暖かく、和やかな雰囲気でとても充実した時間を過ごせました。
ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2018-09-17  恵那峡ワンダーランド防災フェスティバル
9月15~17日の間、恵那峡ワンダーランドで行われました。
15日は消防署の日で 起震車、消防車、救急車の展示、子供さんには消防服の試着などのイベントが行われました。
16日にはJAFの日でした。
17日は防災士なかつがわ会での担当でした。
大声体験、簡易トイレの作り方、倒れても火事にならない安全灯、人形を使っての胸骨圧迫、AEDの講習会、救命救急ドラえもん体操、本当は防災紙芝居も行うつもりでしたが展示だけになりました。
外ではバルーンアートで犬、ウサギ、剣、などを作って配布しました。
消防署でお借りした水消火器が有りましたので一緒にみなさんに参加して頂きました。
ミナモちゃん、にゃかつがわくん、ワンダーくんのイベントでは、みなさんでミナモダンスを踊りました。
最後にミナモちゃんたちにAED、胸骨圧迫などの講習を楽しく受けて頂きました。
恵那峡ワンダーランドのみなさんお疲れさまでした。
有難うございました。
そしてイベントに参加して頂きました、防災士なかつがわ会んのみなさん
有難うございました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2018-06-28  平成30年度NPO法人防災士なかつがわ
第3回総会が苗木交流センター行われました。
市役所、ロータリークラブ、社協、大勢のご来賓の皆様に参加して頂きました。
50名を超える会員の皆様の参加
本当にありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2018-06-15  18年5月東学童 つれさり防止勉強会
毎年行われている勉強会です。
今年は連れ去り防止の勉強会でした。
児童 20名 
先生 4名
防災士なかつがわ会から黒田さん、伊澤の2名
黒田さんの紙芝居から始まり「助けてー」の声を出す練習、新1年生の児童
大きい声が出ました。
毎年の事ですが、防災、防犯は同じ事の繰り返しでからだで覚えて、もしもの時に役に立つと思います。
みなさん一生懸命でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2018-01-27  阿木小学校命を守る勉強会
2018年1月19日
今年最初の以来がありました。
阿木小学校生徒全員参加
先生     7名
防災士なかつがわ会 7名
消防署職員     3名
最初にお昼休み突然の地震と言う設定で個々に校庭に避難する所から始まりました。次に消防署職員こ講評
黒田さんの紙芝居今回は地震のお話ですが「もしも中津川で地震がおきたら」
と言う物語風になった紙芝居でした。
生徒さんみんな静かに見入っていました。
そのご「救急救命ドラえもん体操」
「防災かるた取り」
ここまでが防災士なかつがわ会の担当でした。
その後消防署職員による「煙体験」「起震車」などの体験でした。
校長先生のことば「避難訓練は昨年とは違いみんな一斉の避難ではありませんでしたが昨年より早く非難ができました」との講評でした。
毎年行っている避難訓練だからこその事だと思います。


  Link:防災士なかつがわ会
  2018-01-03  謹賀新年
新年あけましておめでとうございます
「防災士なかつがわ会」一同
減災、防災に向けて今以上に勉強をして頑張ってまいります
本年もよろしくお願い申し上げます。

  Link:防災士なかつがわ会
  2017-12-08  防災教室
12月8日岩村社協で防災教室が行われました。
受講された方  30名
職員      2名
防災士なかつがわ会 4名
防災紙芝居、地震のビデオ、非常用持ち出し袋は何が大切か。
など詳しく黒田さんの講演
非常持ち出し袋、避難所を考える前に「自分の命は自分で守る」
命がなくては準備したものは役にたたない。
など1時間でいろいろ勉強しました。
みなさんなるほどと言う感じでうなずいてみえました。
その後日赤奉仕団の方達で昼食を作ってくださいました。
いつもはエコクッキングとかで皆さんに食べて頂くのですが、今日は私達もみなさんと一緒に頂く事ができました。
とてもおいしかったです。
ごちそうさまでした、そして有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-12-04  連れ去り防止教室
12月1日 落合小学校の1.2年生を対象に防災教室が開催されました。
今回は紙芝居で「連れ去り防止」をテーマに勉強しました。
児童54名  
先生 5名
防災士なかつがわ会 7名
不審者に声をかけられたら防犯ブザーを鳴らす、大きい声で助けを呼ぶ、周りの子が協力するなど、誘拐に合わないために出来る事を勉強しました。
防犯ブザーの電池の点検も欠かさないようにする事が大切などの勉強もしました。
40分間児童の元気さに圧倒されつつ元気も頂きました。
今回防災士なかつがわ会では大きな進歩 各地域の防災士で勉強会をしよう、と言う事で 今回は落合所属 原富己夫さんが担当されました。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-11-24  平成29年度度防災タウンミーティングin中津川
11月18日~19日に掛けて松田区公民館で行われました。
対象者 防災士、松田区民のみなさん
18日は100名強の受講者で始まりました。
今回のテーマは「避難所」にかかわる事。
さまざまな議題での講演
18日夜には「避難所体験」20名近くの方達での体験でした。
「寒い、眠れない」、など多くの声を聞きました。
それでも今回の避難所は恵まれていました、実際の避難所は、こんなに恵まれてはいないと思います、私は避難所には行きたくはありません、ではどうすれば良いかと言うのが今回の課題でもありました。
改めて家の耐震、家具転倒防止、もっともっと力を入れて行きたいと思いました。
岐阜大学 村岡先生、小山先生、県職員のもなさん、市職員のもなさん、防災士なかつがわ会のみなさん、参加して頂いたみなさん
本当に有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-11-23  リーダ育成講座
11月12日第3回目のリーダー育成講座が行われました。
私達防災士なかつがわ会のメンバーも3回目のお手伝いに行きました。
市民病院 比嘉氏  ドクターカー「DMAT]の講座
防災士なかつがわ会 吉村氏
防災士なかつがわ会 杉山氏
岐阜大学教授 高木氏
それぞれ貴重な講座でとても勉強になりました。
多分受講されている方達はまだ理解できないかもしれませんが、これから活動していくうえではとても大切な事だと思います。
受講性のみなさん、講師のみなさん、お手伝いのみなさん、お疲れ様でした。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-11-16  シンポジウム
11月8日 岐阜大学防災シンポジウム
~東濃地域の地震に備える~
講演 「正しく恐れ、できる限りの周到な準備を」 
杉戸真大氏(岐阜大学副学長、清流の国防災、減災センター長)
講演 熊本地震から学ぶ「ドキュメント避難所」
小山真紀氏 (岐阜大学流域圏科学研究センター準教授)
講演 「災害時のメンタルヘルス」
深尾琢氏 (岐阜大学臨床講師)
講演  「世界一受けたい防災・減災ワークショップ~自分の命は自分で守り、地域も自分達で守る~
高木明義氏 (岐阜大学工学部シニア教授)
黒田ところ氏(減災未来塾第1期生)(防災士なかつがわ会会員)
どの講演もとても分かりやすく勉強になり有難うございました。
11月16日の新聞に記載されました。
地元での貴重な防災シンポジウムでした、できればもっと多くの方達に参加して防災、減災、について意識を高めて頂けると良かったとおもいました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-10-28  防災勉強会  連れ去り防止勉強会
10月26日 どんぐり田瀬 地震基礎 土砂災害 防災エコクッキング
の勉強会が行われました。
親子合わせて  24名
先生      3名
防災士なかつがわ会  5名
最初に防災エコクッキングの説明
次に防災士は、紙芝居組とエコクッキング組に分かれて行動しました。
みなさん真剣に取組んでいました。
最後にエコクッキングで出来た「ご飯、焼きそば」を食べて頂きました。
「いつもは、なかなかご飯を食べない子供ですが今日は綺麗に頂きました」と言う声も出て会員一同嬉しく思いました。

10月27日 児童センターで 連れ去り防止の勉強会
のはずで行きましたが対象者がいませんでした。
ので 第一中学校の研修生徒さん、児童センターの先生
そして防災士なかつがわ会の会員4名で
中身の濃い勉強会、そしてドラえもん体操をしました。
これはこれでとても良い研修会だったと思います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-10-21  東小学校学童連れ去り防止教室
10月20日 東小学校 学童保育で 連れ去り防止教室が行われました。
昨年も行いました、
生徒数    22名
先生     4名
防災士なかつがわ会 6名
昨年 指摘されました、防犯ブザーのカバンに取り付ける場所、改善されて、みなさん手の届く位置に付いていました。
やはり1年生の生徒さんは初めての勉強会でしたので、来年には この勉強会の事が繁栄されていると思います。
最後にドラえもん体操をして終了しました。
同じ事の繰り返しが生徒さんが 頭ではなく、からだで覚えてくれると思います。
このように毎年企画して頂ける先生に感謝です。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-10-20  会員研修
10月19日防災士なかつがわ会の会員スキルアップ研修会が行われました。
会員、1人1枚ずつ紙芝居を持ち順番に自分のストーリーを考えて発表しました。
みなさんやはり防災士です、しっかり自分の思いを伝えていました。
たいせつなのは「演じ手、対象者、利き手に何を伝えたいか」など勉強しました。
ワイワイみんなで楽しく講習できました。
みなさまお疲れさまでした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-10-15  第27回中津川市社会福祉大会
10月14日 中津川市文化会館で行われました。
社会福祉協議会会長 感謝状を「防災士なかつがわ会」
で頂く事ができました。
日頃の会員のみなさまの活動が評価されました。
今後も会員一同今まで以上に「防災、連れ去り防止、交通安全」
などいろんな方面での「減災」に向けて被害が少しでも少なくなるように
ボランティア活動を続けて参りたいと思います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-10-14  連れ去り防止教室
10月13日 恵那市長島学童保育で「連れ去り防止教室」が行われました。
昨年も行われました、覚えている子も数名いました。
生徒   60名弱
先生   7名
防災士なかつがわ会  3名
1年生の生徒さんは初めてでしたが元気よく、質問に答える事が出来ました、助けて~も大きな声で言えました。
昨年の勉強会の成果は 防犯ブザーをカバンの手の届く所に付けている子がほとんどでした。
不審者に声を掛けられたら新聞紙の大きさ位いはなれる、防犯ブザーはカバンを守る為ではなく自分の命を守るもの、命の大切さなどをみんなで勉強しました。
昨年同様 今年も忘れないでね。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-10-12  西小学校6年生親子 防災教室
10月6日西小学校の体育館、2階の教室で行われました。
2階は黒田班、で防災紙芝居、大切なトイレのお話。
体育館は伊澤班 で救命講習会AED たまごの殻踏み
生徒数   99名
その親さん 
先生
防災士なかつがわ会  7名
CSネットワーク   5名
消防署職員      1名
中津川市職員     3名
5時間目と6時間目を使い半分100名弱ずつに分かれてスムーズに進行できました。
2階では紙芝居とスライドを使い地震の対応、マンホールトイレなどの説明
体育館では50体の人形で親子ペア―になって救命講習会、終了後卵の殻踏み
その後「ドラえもん体操」
生徒さん、親さん一生懸命取り組む事ができてとても有意義な時間を過ごせました。
みなさんお疲れさまでした、このような機会を与えて頂いた学校の先生有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-10-11   川上小学校で 命を守る勉強会
9月29日
3月にも行いましたが みなさん良く覚えていました。
生徒  50名弱
先生 
防災士なかつがわ会 7名参加
家具転倒対策、今回は生徒さんが直接消防署「119番」に電話して対応しました。
最後にドラえもん体操
みなさんハキハキと元気に答えられました。
シェイクアウトの頭を守る大切さしつかり出来ました。
みなさん忘れないでくださいね、
とても良い体験だったとおもいます。 

  Link:防災士なかつがわ会
  2017-09-27  げんさい楽座
9月25日飛騨古川市役所で行われました。
高木先生の進行で行われました。
出席者  約30名
防災士なかつがわ会から 黒田ところさん、伊澤さか恵の2名参加
飛騨高校生の発表 身近な防災について知ろう「自分の命に責任を持つ」
「気持ちで繋ぐ防災復旧活動のやる気と根気 高山防災研究会 岩茸伸一氏
「新宮町自主防災連絡網  
災害ボランティアセンターでの活動えお通じて 高山市社会福祉協議会 加藤氏
高山中学校の生徒のまちづくり  岐阜大学学生 丸山氏
最後にグループワーク「「参加者同士で一緒に何が出来るか」の話し合い
短い時間でしたが盛り沢山のお話を聞く事ができました。
高校生、中学生が自分達で防災、まちつくり、を考え実行している事がとても頼もしく、凄い事だとおもいました。
グループワークでは地元の議員さん、大学生さん、年齢幅の広い話、考えを聞くことが出来てとても有意義な時間でした。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-09-26  中津南地区 防災研修会
9月22日 中央公民館で南地区防災研修会が行われました。
社協、民生委員、区長さん
約70名のみなさんの参加
防災士なかつがわ会  4名参加
黒田さんの避難所のトイレと衛星管理 
トイレの必要性 第1に欠かせない物、などをこまかく分かりやすく話して頂きました。
後半、簡易トイレの作り方を講習「希望者をつのり前に出て頂き説明しながら」
の講習、みなさんうまく出来ました。
家に返って是非作って頂きたいと思います。
社協のみなさんでは避難所での体操、歌を歌い場を和やかにする方法などを披露されました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-09-13  坂本子育てサロン防災勉強会
9月16日 坂本公民館で行われました。
参加者 母親16名 + その子供さん
市職員   1名
先生    2名
防災士なかつがわ会 黒田さん 大橋さん 鈴木さん 伊澤の4名参加
地震の画像、非常用持ち出し袋の中身の確認
焼きそば ご飯 の防災エコクッキング
救急救命ドラえもん体操
どの親さん達もわが子っを守る為に真剣に耳を傾けていらっしゃいました。
焼きそば、ご飯も試食して頂きとても好評でした。
参加して頂きありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-09-12  げんさい楽座
今月も8月28日に行われました。
今回は気象庁の方のお話でした。
最近では、ゲリラ豪雨が多く警報、注意報をより見やすく、より分かりやすく
大雨や暴風などに警戒や注意が必要な時間帯を一目で分かるようにアプリで配信しています。
大雨警報、洪水警報の危険分布図~気象災害から命を守るために~
急な大雨、雷、竜巻、-ナウキャストの利用と防災ー
気象情報を有効に使いましょうと言うお話でした。
出かける前には気象情報を確認して出かけると良い。
気象庁のホームページで見られます。
とても興味深いお話でした。
参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-08-24  山口小学校防災教室、南学童連れ去り防止
夏休み最後の防災教室
山口小学校で行われました。
生徒参加人数   20名
社協職員、民生委員 6名
防災士なかつがわ会 6名
黒田さんの防災紙芝居
○×クイズ
たまごの殻踏み、新聞紙でスリッパ作り
ダンボールで避難所作り
伊澤の担当は防災エコクッキング
救急救命ドラえもん体操
どの訓練にも生徒さん達は一生懸命で特に今回は中学生の生徒さんがみなさんの面倒を見てくれて感動しました。
エコクッキングでは民生委員の方達が焼きそば、ご飯作りに奮闘していただけました。とってもおいしかったです。
最後に避難所でみんなで食事をしていろんなお話もできました。
そして午後は南学童で連れ去り防止の勉強会
防犯ブザー、もっている子、もっていない子、電池の切れている子、さまざまな子供さんがいました。
カバンを捕まれた時の対処方法、車で道を聞かれたらどうするの問いにも元気に答えられました。
今日一日みなさんお疲れさまでした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-08-02  げんさい楽座
7月31日岐阜大学サテライトキャンパスで行われました。
今回は「トイレは生死をわける」
減災チーム トイレの備え 防災トイレアドバイザー
長谷川高士氏 のお話でした。
どんなときでもトイレは一番大切と言う事で今回は自分の家で水が出ない、電気が来ない、そんなときのトイレの対応、使う前に袋をかける方法、私達防災士なかつがわ会ではダンボールを使い簡易トイレ作成をしています、これと同じ方法で便器に袋を掛けると言うことでした。
とても大切なお話で 災害、地震などが起きた時ストレスの原因となる第一位トイレの大切さが学べました。
これからの活動に生かしていきたいと思います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-07-31  落合小学校防災訓練
7月27日 落合小学校体育館で落合社協主催でジュニア防災教室が行われました。
●生徒110名と区長会、民生委員会、福祉推進員会、社協、PTA郊外生活、先生(小学校、学童)等地区の方70名、防災士なかつがわ会15名の総勢195名の方に参加していただけました。
●地区の方が大勢参加いただけたことで防災のレベルアップのみならず顔合わせも出来、非常に良い勉強会になったと思います。
●半日のスケジュールに盛り沢山のメニュと人数で心配しましたが、予定通りに終えることができました。
●内容:○×クイズ、防災紙芝居、ドラえもん体操、エコクッキング(焼きそば)アルファー米作り、たまごの殻踏み、ダンボールで避難所作り
●生徒さん達も役員さんの話をよく聞いて、順調に訓練出来ました。
中でもダンボールで避難所を作るときはイキイキしていて、とてもうまく出来ました。
最後のまとめもグループ長がみんなの意見をまとめて、はきはきと発表できました。
とても良い防災訓練だったと思います。
暑い中スタッフのみなさん有難うございました。


  Link:防災士なかつがわ会
  2017-07-24  苗木学童防災訓練
7月22日 苗木学童 防災訓練が行われました。
初めに準備体操「ドラえもん体操」
○ × クイズ
自分の命は自分で守る 防災紙芝居
食事の準備 アルファーマイの説明 エコクッキングで焼きそば
避難所体験 ~感想
どの子も話をよく聞いて一生懸命取り組んでいました。
楽しく体験できる事がとても良いことだと思います。
もし実際に災害が起きてしまったら決して楽しくはないと思いますが、楽しく体験したことを思いだして頂けたらとおもいます。
スタッフのみなさん、防災士なかつがわ会のみなさんお疲れさまでした。
ありがとうございました。



  Link:防災士なかつがわ会
  2017-06-29  おかあさん防災教室
6月26日(月)落合ゆうらく園で「子育て支援 防災教室」が行われました。
参加者 10組 親子
社協職員、役員
防災士なかつがわ会 6名
まず初めに防災エコクッキング「焼きそば、ご飯」を作る説明
役員の方達の協力の元行われました。
前日に大きい地震が有りましたので、どのお母さんも真剣に取り組んでいました。
紙芝居、ビデオ、クイズ、などをして、どのように子供と自分を守るかをみなさんで考えて頂きました。
最後にエコクッキングで出来上がった、焼きそば、おにぎりをみんなで頂きました、お米を洗わない、焼きそばも袋に入れてゆでるだけでおいしく出来上がっていました、家に帰って是非作って頂きたいとおもいます。
いろんな事を勉強しました、短い時間でしたが「自分命は自分で守る」そして大切な家族を守る事の参考にしてくださいね。
お手伝いして頂いたみなさんありがとうございました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2017-06-27  高齢者わくわくサロン防災教室
6月23日高齢者防災教室が行われました。
参加者  25名 
防災士なかつがわ会  2名
防災紙芝居と併用して地震のビデオで怖さを伝える、皆さんワ―と声を出して地震の怖さを知って、防災に向けて少しずつ意識が出てきたようにみえました。
いろんな質問にも積極的に答えて頂きとても良い防災教室だったと思います。
この後は交通安全の教室があったようです。
みなさんお疲れさまでした。
そして有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-06-20  高齢者大学 講座
6月16日公民館講座 高齢者大学への「自分の命は自分で守る」
の講習会が行われました。
参加人数      約60名
職員        2名
防災士なかつがわ会 7名

最初に吉村さんのお話
次に杉山さんの紙芝居
その後グループワーク
グループワークでは  
○「車が方向指示器を出していたのでまがるかなぁと思って横断しようとしたらまっすぐ走って行って危ない経験をした」方向指示器の消し忘れ。
○「車の逆走があった」
などの意見がでました。
その中で話をしていたら、「このような話し合いは初めてで、今までは人の話を聞いて帰るだけ」だったとの事でした。
「こうしてみんなで何でもいいから話すことで友達の輪が出来ますよ」
グループの中に依然、別の講習会で出会った方が私の顔を覚えていて頂いて、どこかで見た顔って言われました、「このように顔を覚えていてもらえる、それが繋がりになって行きますよ、」
と話したら、本当に講座に見えている人でも話したことの無い人と話せてよかった。
などの声を頂き嬉しかったです。
お年寄りの話も沢山聞けました。
これからの活動の参考になります。
ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-06-14  防災士なかつがわ会総会
6月13日
苗木交流センターでNPO法人防災士なかつがわ会総会が行われました。
2年間に渡る役員のみなさんが決定いたしました。
役職            氏名        備考
理事長          嶋田 千寿
服理事長         杉山 照仁
同             今井 誠
同             三宅 泰三
理事           伊澤 米夫     会計
同             吉村 輝雄     事務局
同             黒田 ところ
監事            田口 義也

以上のみなさんです。
よろしくお願い致します。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-06-05  5月げんさい楽座
5月29日岐阜大学サテライトキャンパスで毎月行われます「げんさい楽座」
が有りました。
今回は 名古屋ボランティア連絡会のみなさんによる活動報告と後グループワークが有りました。
グループワークでは「どうしたら早く仲良くなれるか」
の課題、「飲み会をする、温泉に行く、などいろんな意見が出て楽しいグループワークでした。
後、名古屋ボランティア連絡会のみなさんと居酒屋で交流会がありました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-05-26  連れ去り防止勉強会
5月25日
落合学童保育所で連れ去り防止勉強会が行われました。
参加児童  23名
先生     4名
防災士なかつがわ会 黒田さん、伊澤  2名
連れ去り防止紙芝居を黒田さんが解りやすく説明をして質問、「助けて」
大きな声で叫ぶ大切さを皆さん身を持って体験しました。
その後 救急救命 ドラえもん体操を交えての勉強会でした。
特に新1年生の児童のみなさんは、元気に「助けて」と叫ぶ事ができました。
家に帰って、お父さん、お母さん、と話し合えると良いですね。
私達も毎回勉強させて頂いています、有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-05-19  防災勉強会
5月18日(木)福岡公民館で福岡社協総会後防災勉強会が行われました。
各町内役員    45名
社協職員      5名
防災士なかつがわ会 黒田さん、伊澤 2名
紙芝居で黒田さんが詳しく説明をしながら、みなさんに質問をしたり、答えを頂き、その解答を説明したり。
みなさんとても真剣に取り組んでみえました。
他人事ではないと、防災の事に少しでも、関心を持っていただけた事が嬉しかったです。
総会終了後お疲れの所、ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-05-12  連れ去り防止教室
5月8日東学童で連れ去り防止教室が行われました。
参加児童       20名
先生         5名
防災士なかつがわ会  黒田さん、伊澤 2名
最初は連れ去り防止紙芝居で、途中大声で「助けて」の声を出す練習をしましたが、3年、4年の子供さんはなかなか声を出す事が出来ませんでしたが、最後はちゃんと「助けて」と言えるようになりました。
心1年生の子供さんも居ると言う事で防災頭巾っをかぶっての避難訓練、最後は
救急救命ドラえもん体操をしました。
声を出す事の大切さ、これからも練習できると良いですね。
みなさん参加ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-05-03  石巻市南中里復興住宅への支援活動
●期間:4/21~4/23(活動時間:4/22AM7:00~PM1:00)
●場所:石巻市南中里復興住宅/鉄筋コンクリート6階建て/48世帯150名
●活動内容:五平餅の振舞い
●材料の搬入:中津川から(米、焼きコンロ、たれ/コンロ及びたれは神坂の張山さんからの借用と安価での提供
●共同作業:ご飯は住民の方々に分割して炊いて頂くご飯潰しから団子作りは住民の役員の方3人と石巻の社協の職員2人そして原廣志さん、横山さんの計7人で行う/焼き工程は原廣志さん中尾さん、大脇君、須田さんの4名で行う/最終的に米、15kgで約500本焼き上げ提供
●今回実施した理由:震災直後に湊小学校の避難所及び仮設住宅で度々五平餅を提供してきたが、これにより当時の味を覚えていた一人が是非とリクエストがあり実施した次第です。
●参加者:中尾さん、原廣志さん、栗の里(大脇さん、横山さん、須田さん)
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-05-01  かやの実会防災勉強会
4月29日かやの実会(視聴覚障害者を支えるサークル)で防災講習会が行われました。
会員20数名の参加
防災士なかつがわ会から11名参加
最初は防災紙芝居
次はグループワーク
紙芝居では「手話」でサークルの会員さんによるサポートで耳のご不自由な方達も理解されたとおもいます。。
グループワークでは防災士が1グループに2~3人入って防災について(まずは自分の命は自分守る)その後はまわりの人に助けて頂きながら避難する。
避難するにあたって日頃からまわりの人たちに自分をアピールしたり、居所を明確にしておく、など様々な意見が活発に出てとても良い講習会でした。
私達も初めての体験でこれからの活動に向けて勉強になりました。
ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-04-25  4月げんさい楽座
4月25日
岐阜大学サテライトキャンパスで行われました。
この日は、ワークショップ
大規模災害時の安否確認どうする。?
講師  小山真紀先生
安否確認疑似体験ツールの実験から
ツールにおける安否確認行動の流れ、など実際に実施した結果を発表して頂き、思ったより、すぐには会えない!  と言う結果が出たそうです。
大規模災害に自分達はどのようにして連絡を取りますか。
集合場所について、家族で話合っていますか。
話合っている場合は、それはどこですか。
のテーマで付箋に記入する。
家族と再会するまでにどんな困難がありますか。
などみんなで話し合いました。
★ 備えよう、大規模災害に対応した通信手段!
 講師 げんさい未来塾 第1期生の平岡守氏
無線を使い災害で取り残された方と無線で連絡が取れたとビデオ、体験話など心に残るとても貴重なお話でした。
電気も無い、電話もメールも使えない時の無線での連携とても勉強になりました。
小山先生、平岡さん、有難ございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-04-18  NPO法人防災士なかつがわ会総会
29年4月18日苗木交流センターで行われました。
来賓のご出席者   7名
会員 の出席者   73名
第1号議案 平成28年度事業報告および会計報告 会計報告
第2号議案 定款の改正について
第3号議案 平成29年度事業計画及び予算案
○ 周知、報告、お願い事項
○ 意見交換
などすべて滞りなくすべて終わりました。
ご出席頂きました来賓のみなさま有難うございました。
役員のみなさん、会員のみなさんお疲れ様でした。
平成29年度ボランティア活動に向けてみんなで力を合わせて頑張りたいと思います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-03-29  3月27日げんさい楽座
今回のげんさい楽座は28年度げんさい未来塾の塾生、第1期修了式が行われました。
塾生9名全員、最終発表っを行いました。
1年間勉強してきた事、皆さんの思いしっかり伝わってきました。
防災士なかつがわ会の黒田さんも、「自分の命は自分で守る」この大切な事をどのように子供達、大人達に伝えて行くか大きな課題を研究されて発表して頂きました。
そして29日の岐阜新聞に掲載されたのが黒田さんさんが修了証を授与される所の写真が使われました。。
とても勉強になる発表でしたので、防災士なかつがわ会のみなさんにも是非機会があれば聞いて頂きたいと思います。
わたしも本当に勉強になりました。
黒田さんありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-03-13  防災士なかつがわ会会員研修
3月11日~12日にかけて会員向け研修会が行われました。
市防災課、部長、課長、大橋さん、
岐阜大学 村岡先生
社協   大橋さん
防災士なかつがわ会 会員
11日の研修内容
チェーンソウの取り扱い、発電機の取り扱い、消火器の取り扱い、室内に入り新聞紙を使ったスリッパ作り、食事用の食器作り、空き箱を使ったトイレ作り、ロープワーク、アルミ缶を使った炊飯の講習、応急手当AEDの講習会、場所を替えて、先ほど作ったアルミ缶で夕食作り、ロケットストーブを使い防災エコクッキングでカレー作り、出来たら食事。
その後夜の部、HUG避難所解説・運営、HUGの課題を整理、親睦会、
避難所体験(宿泊)初めての寝袋宿泊、人数の少ない中の宿泊でしたが大変です、これが本番だったらと考えると(避難所に行くより自分の家の耐震化を強化、しよう)など考えさせられました。
2日目、ボランティアセンター立ち上げ説明(社協、大橋さん)
アマチュア無線(嶋倉さん、黒田さん)による説明
各自主防災会での発表
最後は11日から参加して頂いている村岡先生による講演
言葉では言い尽くせないほどの盛り沢山のテーマでしたが防災士にとってはとても貴重な体験でした。もっと多くの会員の参加があればと思いました。
このような研修会で学ぶ所はいっぱい有ました、こんな時はどうすれば良いか、これからのみなさんへの発信に繋がると思います。
このような機会を作って頂いた吉村さんありがとうございました。
そして参加して頂いた講師のみなさん、会員のみなさん本当にお疲れさまでした、ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-03-10  坂本めぐみ保育園
3月10日、坂本めぐみ保育園で「つれさり防止」勉強会が行われました。
園児 4歳児、5歳児、6歳児  約70名
先生 6名
防災士なかつがわ会 5名
今回は新人高2の松井君が参加、この園の卒園性だそうです。
最初につれさり防止紙芝居をしながらこんな時はどうする、知らない人に声を掛けられたら、公園、スーパーなどでトイレに行くときは1人で良いかなー
などの質問に大きい声で元気に答えてくれました。
初めての勉強会でしたが園児のみなさん、とても良く理解していました。
またよろしくおねがいします。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-03-03  川上小学校命を守る勉強会
3月3日川上小学校で不審者、連れ去り防止対策勉強会が行われました。
生徒数  45名
教師   10名
防災士なかつがわ会 8名参加
初めに連れ去り防止紙芝居
車の中から、「道を教えて」などの声を掛けてきたら、連れ去られそうになったら、後ろからカバンをつかまれたら、下校中に追いかけら。
などいろんな事を想定して、子供達にどうしよう、こんな時はどうするなど問いかけ、中でも学校の先生に不審者になって頂き子供達を追いかける、つかまれた子供は声も出ないくらいでした。そこで知っている先生でもこんなに怖いから本当にこんな目に合うともっともっと怖いよと言う事を知って頂く。
子供達もこの教室は初めてでとまどったとおもいます。
最後に救急救命ドラえもん体操をしました。
しつかり最後まで一生懸命に勉強していました。
みなさんありがとございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-02-24  防災教室
2月23日
杉の子幼稚園で防災教室が行われました。
児童 260名参加
先生 11名参加
防災士なかつがわ会 6名参加
初めての試みですから初歩的なことからと言うことで、私もドキドキしていました。
防災紙芝居では、子供達も大きい声で反応して頂き感激260名のパワーはすごいです。
どんな質問にも大声が出て安心しました。
私も勉強させて頂きました。
ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-02-23  ロープワーク
2月21日 
防災士なかつがわ会、会員向けロープワーク講習会が中津川市西消防署で行われました。
参加者は6名でしたが一生懸命勉強しました。
なかなか奥が深くのめりこみましたが、一度ではその場で解っても家に帰ると「あれ」どうだったかなと思う所もあります。
またこのような機会があれば参加したいとおもいます。
西署のみなさんありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-02-22  東学童保育
2月20日 東学童保育で連れ去り防止勉強会が行われました
生徒 13名  先生 3名参加
防災士なかつがわ会8名参加
昨年同様連れ去り防止紙芝居、救急救命ドラえもん体操です。
防犯ブザーを持っていますか、電池を替えていますか。
連れて行かれそうになったら、などの質問にたすけてー、とか防犯ブザーを鳴らしたりでどの子も昨年の事を良く覚えていました。
やはり同じことの繰り返し講習をするで自然と身に付く事を感心しました。
このような機械を与えてくださいます先生の安全に対する意識の強さを感じました。
有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-02-21  中津川市社会福祉協議会坂本支部研修会
~誰もが住み続けたいと思える地域の実現をめざして~
● 災害などに備えた地域福祉活動発表
1 坂本中学校校長 土松俊幸先生
2 ○ 学童災害体験教室等の活動
  防災士なかつがわ会 吉村輝雄氏
3 ○ 震災等災害に備えた民生委員の取り組み
  ○ 急病等緊急時に役立つ「命のバトン」配布活動
  坂本地区民生委員児童委員協議会副会長 桃井良夫氏
4 中津川市社会福祉協議会の取り組み
  ○ 災害時の福祉の輪をつくる「災害ボランティアセンター」
  ○ 社会福祉協議会の地域福祉活動について
  中津川市社会福祉協議会地域福祉課課長補佐 大橋雅樹氏
防災士なかつがわ会から吉村さんが発表
「安全で安心なまち」そのために、今、何をすべきか。
「地域の防災力の強化」
○ 災害が我々の時代に来なくても、この減災対策の継承は必ず役に立つ
○ 必ず来る災害に向け、より現実的な減災対策の啓発を続けましょう。
など解りやすくお話されました。
みなさんの発表はこれからの活動にとても役にたつことばかりでした。


  
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-02-02  研修会
第3回災害ボランティアセンター運営者研修会(岐阜県で開催)
1月30日~31日 2日間 で行われました。
全国社協、ボランティア団体、その他 150人以上の参加
防災士なかつがわ会から3名参加
1日目
基調説明「災害ボランティアセンター運営者研修のねらい」
基調シンポジュウム「何のため、誰のための災害ボランティアセンターか」
        ~あらためて災害ボランティアセンターを考える~
抗議、ワーク「ボランティアの気持ちを最大限に
              、災害VCの手間を最小限にする」
情報提供「災害ボランティア活動を支援するネットワークと、人、もの、資金」
情報交換会
2日目
情報提供「さl外ボランティア活動を支援するネットワークと人、もの、資金」
ワーク「多彩なニーズに対応する災害ボランティアセンター」
振り返り、総括(まとめ)
「地域実践に向けた振り返り~研修で学んだ事を活かすために~
盛りだくさんの課題でしたが無事研修を終えることができました。
今後の活動にとても役に立つ内容でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-01-30  ロケットストーブ作り
1月27日防災士なかつがわ会
会員向けロケットストーブ作りが朝9時から行われました。
各町内に1基あると非常時に助かる、と言う事で会員18名で一生懸命取り組みました。
お天気も良くポカポカの陽気で、童心に返ったように皆さんいきいきしていました。
お試しでピザを2枚焼いてみました、火力が強くて少し焦げてしまいましたが、少しずつ頂きました。
午前中に出来上がりました。
みなさんお疲れ様でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-01-24  阿木小学校
1月20日阿木小学校で防災訓練が行われました。
避難訓練
防災紙芝居、ドラえもん体操、大声コンテスト
煙体験 
出席者  生徒数 104名
先生        8名
父兄        5名
消防署職員 新井さん、三輪さん 2名
防災士なかつがわ会 西尾さん、原(ふ)さん、杉山さん、伊澤(さ)4名
最初、お昼休みそれぞれ遊んでいる時地震と言う事で、各自運動場に避難をすると言う設定、生徒さん、それぞれ素早く非難されました。
次に防災紙芝居、防災士なかつがわ会の担当、今回で3回目と言う事も有り良く覚えていて活発に答えられていました。
救急救命ドラえもん体操、みなさん戸惑いながらも楽しく体操したいました。
大声コンテスト、各学年5名選出して頂き、どの生徒さんも楽しんで大声を出していました、最後に父兄、先生組を作り大声体験もしました、さすが教頭先生一番大きい声が出ました。
その後消防署職員による煙体験でした。
毎年同じ事の繰り返しで生徒さんが知らず知らずのうちに身に付いている、とても良いことだと思います。

  Link:防災士なかつがわ会
  2017-01-12  自動車学校高齢者講習会
1月12日(木曜日)
昨日と同じ自動車学校で高齢者講習会が行われました。
受講生       75歳以上 9名
先生        2名
防災士なかつがわ会 黒田さん 伊澤、2名
黒田さんの紙芝居で始まり、優しい語りかたで分かりやすく、
皆さん真剣に受講されていました。
事故の無いように気を付けて運転してくださいね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2017-01-11  自動車学校講習会
29年1月11日
高齢者向け交通安全教室
場所    中津川市自動車学校
出席者   対象者75歳まで 6名
教習所先生 2名
防災士なかつがわ会 杉山さん、伊澤 2名
従来はビデオにて画像を見て頂く講習ですが、お試しと言う事で警察の協力を得て安全運転を絵コンテで紙芝居に制作いた物を、受講生の皆様に少しでもお役にたちますように企画されました。
みなさん安全運転を心掛けてください。

  Link:防災士なかつがわ会
  2017-01-04  2017年 元旦
              謹賀新年
           NPO法人防災士なかつがわ会
           本年もよろしくお願いいたします
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-12-21  げんさい楽座
12月19日岐阜大学サテライトキャンパスで行われました。
防災士なかつがわ会から 黒田ところ、伊澤さか恵 2名参加
平成28年度全国自主防災組織リーダー研修会に岐阜県から代表で 黒田ところさんが出席されて、その研修発表がこの日に行われました。
全国の防災士さんが取り組んでいること、いろんな課題、どのようにしたら良いかなど、詳しく分かりやすく、まとめて発表されました。
最後にグループワーク
「皆さんの地域防災力を高めるために、地域防災組織と消防団との連携、かかわりをどのように築いていかれますか(連携している地域はさらに深めるにはどのようにしたら良いと思いますか)」
と言う題で話し合いました。
1時間30分でしたが、中身の濃いげんさい楽座でした。
今回もとても勉強になりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-12-19  地域防災力向上シンポジウムin岐阜
12月18日大垣ソフトピアジャパンで行われました。
防災士なかつがわ会から 黒田ところ、伊澤さか恵 2名参加
~身につけよう明日につながる実践~
● 高木朗義氏  防災、減災「わかる」から「できる」へ
● 嶋田喜美子氏 事例発表
● 岐阜聖徳学園高校 活動報告
● パネルディスカッション
この中で高校生の生徒さん達の取り組み、最初は生徒だけでDIGをしていたが地域のみんなで取り組もうと考え始めた、やはりみんなで訓練すればいろんな意見が出て見方も考え方も違うという事が分かり、今では外国人、地域、の人みんなで訓練している。
高校生が1歩踏み出す勇気、自分たちは「若いし力が有る、英語が出来る、SNSでみんなに呼びかけが出来る」など自信を持って言える素晴らしいです。
がんばれーー 応援します。
 
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-12-18  お礼の手紙
12月1日落合小学校で交通安全と連れ去り防止勉強会が行われました。
数日して勉強会を受けた児童のみなさん1人、1人からお礼の手紙が届きました。
嬉しいです、凄いです、みなさんがこの手紙を書く事で再認識できます。
もちろん私達も励みになりもっと、もっと、勉強しなくては頑張らなくてはと新たな気持ちになりました。
可愛いお手紙有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-12-11  DIG講習会
12月10日 山手区民を対象に行われました。
山手区民 29名参加
山手防災士 6名+黒田さん
4グループに分かれて図上訓練が行われました。
ほとんどの人が初めてでした、みなさん真剣に取り組んでいました。
この訓練も積み重ねが大切だと思います。
みなさん忘れないように「自分の命は自分で守る」
家に帰ったら、「家庭内DIG」部屋の回りを見回し点検しましょう。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-12-04  交通安全、防犯、教室
12月1日落合小学校行われました。
低学年対象で1年生、2年生、合わせて40人弱
先生 4人
防災士なかつがわ会 原(ふ)さん 久保さん 伊澤 3名参加
交通安全の紙芝居
次に連れ去り防止紙芝居
救急救命ドラえもん体操
小さくても一生懸命聞いて、質問にも答えて頂けました。
中でも1人子が連れ去られそうになった時、周りのみんなで防犯ブザーを鳴らしました。 防犯ブザーが一斉に鳴ると 凄い迫力でした。
これなら不審者も逃げげ出すと思います。
カバンを捕まれた時はなど「スルリト肩から外して逃げる」の時は生徒さんから「こんな大切な物を捨てたら勉強が出来なくなっちゃう」と言う意見がでました。
「カバンも本も買えばいくらでも有るけど、自分の命は替えはないですよ」
こんな寸劇を生徒さんと一緒にしました。
防犯紙芝居をしたのは今日が初めてでした、私自身とても良い勉強にもなりまた良い体験でした。
ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-29  げんさい楽座
11月28日可児市
今回は東濃東部防災ネットワークとげんさい楽座のコラボで行われました。
防災士なかつがわ会から4名出席(吉村さん、伊澤(よ)さん 黒田さん 伊澤(さ))
「外国人向け防災対策」
国によって言葉が違うので英語はダメと言う設定で日本語で海外の人に分かるように説明すると言う事で、した。
地震だよ~、火事ですよ~など 言葉の後に、だよ~とか、ですよ~などつけると理解出来ない。
グループでは1 震度 2 土砂崩れ 3 浸水 4 ライフライン 5 避難準備情報 
などの言葉をどのように説明するか。
意見はいろいろ出ました。
初めての試みで楽しく勉強できました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-28  中日新聞
11月27日中日新聞東濃版クローズアップのコーナーに防災士なかつがわ会の記事が記載されました。
高齢者の運転事故が多く警察とコラボで杉山さんが防災紙芝居を作成。
健康福祉祭りで初披露。
高齢者の運転手はもちろん、歩く人、普通成人の運転する人(運転中にゲームなど絶対にしない)、みんなが安心、安全に生活出来ろよう一人一人が心に余裕を持って生活出来る事を願います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-27  高齢者向け交通勉強会
11月27日中津川市松田地区高齢者サロンで勉強会が行われました。
松田地区のみなさん 40名弱
防災士なかつがわ会  3名出席
最初に山本金次さんの落語
高齢者用交通安全紙芝居
どらえもん体操
高齢者の交通事故が多発しているので、みなさん真剣でした。
いつ車を手放すか、自分だけは、今まで大丈夫だからなどの思い込みが多い中、交通の不便な所に暮らしていると迷うのは当然です。
みんなで気持ち良く生活が出来るように、それが自分の命を守る事、他人の命を守る事に繋がって行くと思います。
家族みんなで話あうのも良いのではないかと思います。


  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-21  リーダー養成講座
11月20日苗木交流センターでリーダー養成講座が行われました。
今日は最終日でした
朝8時40分~5時まで
受講生    73名
市職員    1名
(株)トライ 6名
防災士なかつがわ会 20名
最初に
災害医療 中津川市民病院 病院前救急医療課 看護師 比嘉徹氏
地域の自主防災活動 防災士としてなにをすべきか   吉村輝雄氏
身近で出来る防災対策 具体的な災害対策の提案    杉山照仁氏
午後
都市防災 DIG災害図上訓練 岐阜大学工学部    高木朗義氏
防災士取得試験 NPO法人 日本防災士機構
このような順に行われました。
防災士なかつがわ会の吉村さんと杉山さんも講師として参加
防災士なかつがわ会のメンバーも講座に参加させて頂き再勉強しました。
受講した時とは違う角度から、何事も冷静に理解する事が出来とても勉強になりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-20  防災教室
11月18日阿木保育園で防災教室が行われました。
児童 43名
先生 7名
防災士なかつがわ会 3名
防災紙芝居
地震映像
救急救命ドラえもん体操
小さい可愛い子供達が一生懸命勉強しました。
質問にもみんなで手をあげて答えていました、エレベーターの中で地震が来たらボタンはどの階を押せばいいかなー の答えに「お母さんから聞いたよ」、と言って「全部押す」と答えられました。
お母さん言う事はよく聞いてすごいなー
これからもお母さんの事をよく聞いた大きく育ってね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-12  防災教室
11月11日(つくしんぼ)で防災教室が行われました。
参加者 保護者   20名
役員        4名
職員        2名
防災士なかつがわ会 4名
(つくしんぼ)では始めての勉強会だそうです。
最初は防災紙芝居
次にプロジェクターを使って地震の怖さなどを説明
非常用持ち出し袋の中には何が必要かなど
1時間の勉強会でした。
質問も2人子供がいたらどのように守れば良いかなど、一生懸命勉強されていました。
その解答の中で黒田さんが、「子供さんだけ助けようなんて思わないで下さい、
お母さんも一緒に助かってください、こんな小さい子供さん1人では生きていけません、必ずお母さんも一緒に助かって下さい」と言われました。
本当に大切な事ですね。
私もとても勉強になりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-08  防災勉強会
11月8日落合学童保育で防災勉強会が行われました。
生徒 15名
先生 3名
防災士なかつがわ会 黒田さん、伊澤 2名
最初は防災紙芝居、後映像を映して地震の怖さを知って頂き
○ × クイズでした。
6年生の男の子が凄くしっかりしていて、小さい子達を引っ張っていました。
これからもみなさんを引っ張ってあげてくださいね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-07  シェイクアウト
11月4日加子母中学校でシェイクアウトの講習会が行われました。
生徒 85名を対象に恵那防災士岩井さんが講師
防災士なかつがわ会5名参加
最初に岩井さんのスライドを使っての抗議
次に各教室にわかれてシェイクアウトの練習、生徒さん達が2人組になって机を揺らす人、1人は机の中に入る、昨年も行われたそうです。
2,3年生は機敏に動いて揺れを想定して机の中の本、ノーとなどあらかじめ出していて机を揺らしても落ちませんでした。
終わりに教室の危険個所を探して黒板に書きだしていました。
危険な所を早急に直して頂けると良いですね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-07  通学路危険個所の現地訓練
実施日 11月6日(日)
時間  9時30分から12時まで
場所  スナックばん前交差点より西小学校まで約1キロメートル
内容  交通安全、豪雨災害、地震災害に関する現地確認及び通学路ハザード     マップ作成
対象者 西小学校 1年生~6年生及び保護者
参加者 児童 15名 保護者 7名 
    5区副区長、西小学校PTA,本部役員 1名
    防災士なかつがわ会 原(ひ)1名出席
詳細  9時30分 5区集会所集合、全員でばん交差点へ移動、児童に対し断歩道の渡り方について質問、その後注意点の説明、続いて踏切へ移動児童への質問と注意点の説明、その後前川橋にて豪雨時注意点と説明、急カーブ、屋根瓦落下と家の倒壊、ブロック塀の倒壊、自販機の倒壊、歩道橋の倒壊及び歩道橋上での地震対応、スレート壁の落下、電柱の倒壊、等々24の危険個所を勉強その後集会所に戻り防災安全課より頂いた通学路の地図に付箋と写真を貼ってハザードマップを作成11時45分に講評を行い終了しました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-06  松田区役員向けDIG
日時:11月5日(土)19:00~21:00
場所:松田区公民館
対象:松田区役員
内容:DIG(みなさんとても真剣に取り組んでみえました。)
講師:防災士なかつがわ会田口義也さん
贈呈:(株)トライさんから松田区に画像にあるMAPの贈呈式が有りました。これには単にハザードマップだけでなく町内会や要支援者などの情報が一目瞭然に解るようになっています。各区に設置できるといいですね。


  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-04  岐阜大学防災シンポジュウム
11月2日 高山 ひだホテルプラザで行われました。
~飛騨高山の地震に備える~
190人弱の参加
防災士なかつがわ会から 吉村さん、伊澤(米)さん、黒田さん、鈴木さん、伊澤(さ)の5名参加
●20××年の地震に 今すぐ備える、今から備える 能島暢呂先生
●災害時における こころのケア         板倉憲政先生
●熊本地震の避難所から             小山真紀先生
前半は講演でした。
中でも今まであまり聞かなかった、こころのケアは興味が有りました。
震災川柳と言って 震災から目を背けていた人たちに川柳にして今の気持ちをぶちまける。
「みんな流してバカヤロー」
「すっぴんで外に出る日がくるなんて」
など、今まで言えなかった事が言えるようになった。
自らの回復力、自己治癒能力を最大限に引き出す「セルフケア」への支援
「自分にとって居心地の良い環境を作れるのは自分だけ」
後半はワークショップ グループに分かれて(減災力テスト)をしたり、課題が与えられてみんなで話し合い学生さんがまとめて発表
とても勉強になり有意義な時間でした。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-11-01  げんさい楽座
10月31日下呂市で行われました
防災士なかつがわ会から 黒田さん、伊澤の2名参加
●「 萩原町の地形の特徴と震災発生時の情報伝達について」
萩原町の防災士さん発表
「萩原文庫」に今井基彦市長の時に作られた「萩原の大地」など大変貴重な資料本16巻があるそうです。(今でも販売されているそうです)
●「楽しみながら学ぶ防災」
下呂市金山谷合区の防災士 加藤英之さん発表
谷合区は26世帯70名
おもな防災活動 谷の水位監視表を設置したり、防災人形を作成、夜間避難訓練など地区全体で行われているとの事でした。
●「清流の国防災、減災センターコーディネーター」栗田さんのワークショップ
高齢者を襲った悲劇を課題に、悲劇が繰り返されないために、自分や地域で何が出来るか。全員でかんがえました。
それぞれの地域、田舎もあれば都会もある、そんな環境の違うなか難しとは思いますが高齢者の家を回ってどんな環境にいるか、からだの状態はどうか、など把握するなど活発な意見のやりとりが行われ、とても勉強になりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-10-31  平成28年度 防災リーダー育成講座
10月29日、30日 1回、2回の防災育成講座が苗木交流センターで行われました。
講座受講者 78名
2回目のカリキュラム
●普通救命講習会
消防署職員 3名
CSネットワーク中津川 3名
●パッククッキング
福祉部管理栄養士 2名
防災士なかつがわ会 15名
午後からは
「耐震診断と補強」石田学氏
「避難と避難行動」岩井慶次氏
「風水害と対策」 林久高
「土砂災害と対策」佐藤博信
みなさんとても真剣に取り組んでいました。
ガンバってください。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-10-28  災害ボランティア育成講座
10月27日蛭川中学校で行われました。
蛭川中学校1,3年生の生徒 61名
教員     15名
社協蛭川支部 16名 
防災士なかつがわ会 10名
● 講演 「想定外を生き抜く力」群馬大学大学院教授 片田敏孝氏
● クロスロードゲーム
講演は地震は必ず来る、東日本大震災のお話中学生向けにまとめられていてとても感動するお話でした。
クロスロードゲームは23グループに分かれて課題が出され、防災士なかつがわ会のメンバー社協の方達の司会で進めました。
1つ1つの質問にYES,NO、で答えて回答の理由を聞きました。
それぞれ自分の意見をはっきり言えて良かったです。
私も勉強になりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-10-26  恵那長島学童、第2学童、不審者対策
10月24日恵那長島学童、第2学童の合同で不審者対策学習会が行われました。
生徒数 60名
先生  5名
防災士なかつがわ会 吉村さん、杉山さん、黒田さん、伊澤 4名参加
黒田さんの連れ去り防止の紙芝居
その後侵入者が入った事を想定して避難訓練
紙芝居を低学年の子供さんはとても真剣に見たり聞いたりして質問にも答えていました。
他人事と思わずに一人一人が意識を持って「自分の命は自分で守る」
小さい内から何回も訓練して人に言われなくても、体で覚えてすぐに反応できると良いですね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-10-08  下呂市立下原学校でのDIG講座
10月6日に県の防災士派遣事業で下呂市防災士会が実施した下呂市立下原学校のDIG講座に黒田ところさんが参加しました。約1時間40分を連続して行った授業でしたが、子供達の真剣な授業態度に感動しました。小学生へのDIGという機会はまだ少なく貴重な体験をさせて頂きました。
下呂市や下呂市防災士会の皆さんとは近隣市として情報交換会を行ったりしていますがこれからも連携を深めていきたいです。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-10-05  神坂地区・災害ボランティアセンター立ち上げ研修会
●10月4日19時から神坂地区初めての災害ボランティアセンター立ち上げ研修会を神坂事務所で実施しました。
●内容:①災害ボランティアセンターとは ②災害ボランティアの実体説明 ③グループ討議:地域住民協力による災害時の福祉活動
●参加者:合計人数28人(内訳:神坂支部理事15人、社協職員7人、防災士なかつがわ会6人)
●いつものように演劇で「ボランティアニーズ探し」を行ったが台本無視のアドリブが受け、初めての実施であったが好評のうちに終えることが出来ました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-10-05  ワクワク広場 防災教室
●月日:10月4日10:30~
●場所:阿木事務所
●対象:乳幼児をもつお母さんを対象とした防災教室/参加者7人
●内容:家具固定の重要性・家族防災会議・非常持ち出し袋 など
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-09-30  付知地区・災害ボランティアセンター立ち上げ研修会
●9月29日19時から災害ボランティアセンター立ち上げ研修会を付知公民館・2F大会議室で実施しました。
●内容:①災害ボランティアセンターとは ②災害ボランティアの実体説明 ③グループ討議:平時の活動福祉活動、災害時の福祉活動
●参加者:59人(内訳:付知町民31人、社協職員20人、防災士なかつがわ会8人)
●多くの組織の方に参加していただけ有意義な研修会であった。地区に戻り啓発活動を行っていただけることもお願いした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-09-29  田瀬子育て支援センター
9月28日 田瀬子育て支援センターで防災勉強会が行われました。
凄い雨の降る中小さい子供さんを連れて16人の方達が参加してくださいました。
先生 3名
防災士なかつがわ会 4名
最初に防災パッククッキング(ご飯、焼きそば)の作り方の説明
防災紙芝居、家具転倒の映像
非常用持ち出し袋の中身の説明
パッククッキングで出来上がった、ご飯、焼きそば、の試食
みなさんとても熱心に話に聴き入っていました。
わが子を守る母親の顔でした。
今回の勉強会でのお話是非今後の備えの参考にしてください。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-09-28  げんさい楽座
9月26日19時より
岐阜市「震災記念堂」で行われました、
防災士なかつがわ会からは黒田さん、伊澤(さ)の2名出席しました。
濃尾地震から125年経ちますが、その間ずーと毎月28日の月命日に法要が行われているそうです。
「濃尾地震」と言う言葉は小学校で習ったという記憶しか有りませんでしたが、毎月法要が行われていると聞いて、これまで受け継がれてきたことに感動しました。
耐震補強をされたそうですが、壁の所とかの格子、天上付近の欄間風に補強してありこの建物にマッチしていて耐震補強と聞かなければ分かりませんでした。
最後に災害記念堂の管理人さんが「準備をしていない所に災害はやってくる」と言葉を閉じました。
たしかにその通りだと改めておもいました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-09-27  川上小学校防災訓練
9月26日川上小学校で防災訓練が行われました。
防災士を交えての訓練は初めてだそうです。
生徒数 45名
先生 10名
防災士なかつがわ会 7名
紙芝居による「命を守る訓練」
プロジェクターを使ってイエス、ノークイズ
ドラえもん体操
どの訓練にも元気に答えたり、大きな声で返事をしたり、
ダンゴ虫のポーズもとても上手に出来ました。
生徒のみなさん今日習った事を忘れないでね。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-09-19  防災紙芝居
9月18日山手区 敬老会
敬老参加者 55名
防災士なかつがわ会 成木、伊澤(よ)伊澤(さ)の3人
余興の時間10分間の短い間でしたが、楽しい余興が続く中なぜ今日この紙芝居をするのか、と言う事を先に話してから紙芝居を初めました。
みなさん飲んでいるし、余り聞いてくれないのでは無いかと思っていましたが、みなさん真剣に参加して質問にも答えて頂けました。
あまり防災訓練に参加されないみなさんでしたので、良い機会でした。
成木さんは山手区の区長さんですので、このような企画をして頂きました。
地域でもっと広げていけたらと思います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-09-07  防災タウンミーティングin恵那
9月6日(火)13:00~16:30に県主催の「防災タウンミーティングin恵那」が恵那総合庁舎5F大会議室であり、行政、社協、防災ボランティアなど約80名が参加。
会からは吉村輝雄理事(事務局長)が「減災対策はまちづくり」と題し概ね次のことをお話しましたた。
●「まちづくり」の根底にあるもの・・それは「安全で安心なまち」。
●地域防災力の強化と誰もが言うがその具体的な施策は全く示されていない。
●地域防災力強化のポイント=どうしたら自分のこととして考えるか
●全体を見据えた正しい啓発活動を継続し続けると言う地道な活動が必要。
●会員の多くは自主防災会役員やそのOBでそのノウハウを共有し有るべき姿を明確化。
●啓発面では防災に限定しないで、交通安全、振込詐欺対策、火災予防、つれさり防止等を加えたことで評価が上がり講座が大幅に増加した。その結果として集まる場が増え「コミュニティの向上」そして「まちづくり」につながるものと考える。
 その他、岩井慶次・恵那市防災研究会会長の「逃げ時マップ」や各地区の活動紹介が有った。
 終わりに岐阜大学・高木教授から総評をいただいた。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-09-03  東濃特別支援学校での勉強会
9月2日(金) 東濃特別支援学校で「自分の命は自分で守る。」ことを訴えるための勉強会を行いました。
 過去にも3回の防災に関わる防災紙芝居や展示会を実施していましたが、今回は対象者が高等部と明確でより理解を深めていたただくために事前の打ち合わせを行って本番に備えました。
 気を逸らさないように動画や紙芝居、備蓄品などといろいろなお話をさせてもらいましたが「自分の命は自分で守る。」とは言っても現実として支援が無いと難しいと思われる方も居られ、先生や家族との連携の必要性を改めて考えさせられ私たちにとっても勉強となる勉強会となりました。

対象:東濃特別支援学校・高等部の21名と先生5名
担当:黒田ところ、原富己夫、吉村輝雄
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-09-02  命を守る訓練実施計画
9月1日(木)
下野小学校で防災訓練が行われました。
① 地震の時の身の守り方を理解し、安全に避難する。
② 時や場所が変わった時(自教室以外)の避難の方法を考え、正しい判断で自主的に避難する。
全生徒 77名
先生  10名
NPO法人防災士なかつがわ会 黒田、原(ひ)伊澤(さ) の3名 出席
シェイクアウトを重点的に行いました。
低学年は自分の教室から、後は理科室、家庭科室、音楽室からの避難訓練でした。
どの生徒さんも机の下、あるいはしっかり頭を守って地震がおさまるのを待ち、非常階段から順番に避難を開始しました。
とてもじょうずに出来たと思います。
ただ、教室の転倒防止に問題がありました。
● 教室の入り口に倒れやすい物が沢山有り入り口をふさいだら逃げられない。
● 廊下にガラスの額などが沢山飾ってありました。
順番に改善して頂ければと思います。
昼からは、山口小学校に行きました。
やはり教室からの避難訓練でした。
全生徒 47名
先生  6名
NPO法人防災士なかつがわ会から、黒田、原(ふ)伊澤(さ)の3人参加
朝と同じような訓練でした、違うのは沢が多く地理的な問題が有り逃げる所が難しいとの事でした。
どちらの学校も防災に関してはとても熱心に取り組んでいる事が生徒さんの訓練を見て良くわかりました。
とても素直な良い子供さん達でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-08-25  8月 24日 、阿木学童防災体験勉強会
8月24日 阿木学童保育で防災体験勉強会が行われました。
学童22名
先生3名
社協職員2名
民生委員5名
健康課 栄養士2名
NPO法人防災士なかつがわ会5名の参加
防災映像
防災紙芝居
救急救命ドラえもん体操
たまごの殻を使ったガラス踏み体験
防災借り物競争
パッククッキング ご飯、カレー
ダンボールを使った避難所作り体験をして、その中で昼食をみんなで頂きました。 とってもおいしかったです。
盛りだくさんで行われた、防災体験勉強会でした、どの子供さんも質問に良く答えられていて、昨年の勉強会の事も良く覚えていました。
これからも毎年この勉強会が続いて行われると良いなと思いました。



  Link:防災士なかつがわ会
  2016-08-21  28年度落合11号区防災訓練
毎年行われています、落合11号区の防災訓練
8時30分より 応急手当、AEDの講習会
NPO法人防災士なかつがわ会の防災紙芝居(非常持ち出し袋)重視
クラブを避難所に見立ててのお話、避難所まで来るまでの対応
地震が来たらどうするか。
家具転倒防止は設置してあるか。
ガラスが割れた時のためにスリッパを用意する。
子供の履物を外に置いて置く(子供は大抵、抱っこ、わきに抱える)などして避難するから外での履物もが必要など
みなさん静かに、紙芝居に耳を傾けていました。
三角筋、AEDなどの講習も、毎年習っているのに忘れるわ、など本当にみなさん一生懸命でした。
訓練だけで終わるといいな(災害は起こらなければ良いなと思います)
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-08-05  防災体験教室
8月3日、4日2日間に渡り坂本学童保育のみなさんで行われました。
場所  坂本小学校体育館
時間  8時30分~12時
2日間の合計 児童 180人  
協力 社会福祉協議会
民生委員
先生
NPO法人防災士なかつがわ会 のみなさん
内容 防災紙芝居 
防災スライド
救急救命ドラえもん体操
防災借り物競争
非常食、(アルファー米、パッククッキングで焼きそば)作り
卵の殻踏み体験
ダンボールで避難場所作り「その中で食事」家族会議体験
リーダーによる発表
どの課題も見事にクリアーしていました。
この防災体験教室はもう6年間も続いているそうです、継続できるという事は凄いです、1年生だった子供さんは6回も経験している、そんなリーダーさん達は本当頑張って1年生の初めての子供さんを引っ張っていました。
今年から初めてプラスされた「防災借り物競争」紙に書いてあるヒントをもとに、自分達でグッズを探す(こんな時はこれが必要)凄いです、ちゃんと探す事が出来ました。
この体験を忘れないで家族みんなで話し合って頂ければと思います。
大勢のスタッフさんのおかげで、スムーズに進みました。
みなさんお疲れ様でした、そして有難うございました。




  Link:防災士なかつがわ会
  2016-08-02  東小学校学童保育 防災、防犯教室
8月2日
東小学校で学童保育の防災、防犯の勉強会がありました。
児童 20名  高校生実習生 3名  先生  3名
NPO法人防災士なかつがわ会 黒田、山下、大橋、伊澤(さ)の4名参加
初めに黒田さんの防災紙芝居
新聞紙でスリッパ作り
たまごの殻踏み
部屋に入り連れ去り防止紙芝居
その後 救急救命ドラえもん体操
連れ去り防止では、最初はみんな声が出せませんでしたが、だんだん助けてーの声が出るようになりました。
最後に終わってから、1人の男の子が新聞紙でスリッパ作っていて、「ここの所をちょっと手伝って」と言われました、「どうしてこんなに作るの」と聞いたら「家族の分を作って帰る」と言いました。
何だかほっこりとした気持ちになり、今日の勉強会はとてもうれしかったです。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-07-30  家具転倒防止
7月28日、29に家具転倒防止が坂本児童館、中央児童館で行われました。
NPO法人防災士なかつがわ会はいろんな特技を持った方達の集まりで、家具転倒防止はコンクリ、鉄、板、さまざまな素材に対応しなくてはなりません、得意分野の杉山さんに習いながら田口さん、脇坂さん、伊澤(よ)さん頑張ってオルガン、卓球台、戸棚、さまざま物に転倒防止をして頂きました。
暑い中お疲れさまでした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-07-27  苗木学童保育防災体験勉強会
7月27日苗木交流センターで行われました。
学童 70名
先生 11名
社協 7名
NPO法人防災士なかつがわ会 10名  の参加で行われました。
1 アルファー米の準備
2 防災紙芝居
3 まる ばつ クイズ
4 ドラえもん体操
5 卵の殻踏み
6 段ボールハウス
7 食事
8 防災会議  反省会
盛り沢山の勉強会でしたが、最後の発表では各班ごとに防災ではどんなことが大事かと言う事をしっかり勉強していました。
特にダンボールハウスを作るときの皆さんはとっても楽しそうでした。
その中で食事もして会議もして、一生懸命学んでいました。
先生、防災士のみなさん 社協のみなさん、お疲れ様でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-07-26  パッククッキングの講習会
7月26日落合10号区のサロンで防災訓練に向けてのパッククッキングが行われました。
参加者11名
NPO法人防災士なかつがわ会から 黒田さん 伊澤(さ)の2名参加
初めからみなさんと和気あいあいと楽しく、区長さんも参加されていて一生懸命お米の袋詰めもされていました。
とてもおいしく出来上がりみなさ大満足でした。
楽しく講習会が出来れば覚えるのも早くとても良い講習会でした。
みなさんありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-07-21  7月20日防災勉強会
共栄液化ガスさんで16時から防災勉強会が行われました。
社長さんを含めて従業員約30名
防災士なかつがわ会から5名の参加
最初にパッククッキング(焼きそば、ご飯)の説明してコンロに掛けて調理です。
その後、黒田さんの防災の話はとても解りやすく皆さん真剣に取り組んでいらっしゃいました。
ご飯は出来上がってから少し時間を置いたので柔らか目でした。
焼きそばは完璧、両方ともみなさんで試食して頂きました(おいしい)と言って頂き良かったです。
その後従業員のみなさんからの質問も有りました。
企業での勉強会は初めてでしたがとても和やかに行われ良い経験でした。
みなさんお世話になり有難うございました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-07-15  田瀬小学校連れ去り防止勉強会
7月14日
田瀬小学校全校生徒を対象に連れ去り防止勉強会が行われました。
全校生徒 81名
先生   6名
警察   2名
防災士なかつがわ会 4名
の参加で行われました。
1部は警察の署員の方が不審者になり生徒を連れ去ろうとする、子供達はどう逃げるかの勉強をしました。
2部では体育館に入り黒田さんの連れ去り防止紙芝居での勉強でした。
日頃訓練をしているそうですが、紙芝居を使って、いつもと違う方向からの訓練にみなさん、一生懸命の参加でした。
中でも一斉下校をしている時、1人の子供の手をつかまれて1人で助けを呼んでいましたが、「全員で声を出す」と言う事
走って逃げて捕まえられた時はカバンをスルリト体から離して逃げる、などみなさん「あーあー」とうなずきながらとても真剣に勉強していました。
田瀬小学校のみなさん、今回の勉強を思い出しながら楽しい夏休みを過ごしてくださいね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-07-12  神坂小学校つれさり防止勉強会
7月11日(月曜日)
神坂小学校1年生、2年生を対象に「つれさり防止勉強会」が行われました。
1年生、2年生、合わせて24名、先生4名の参加
防災士なかつがわ会から6名参加
初めから、元気よく「助けて」の声も大きく質問にも正確にハキハキと答えられ、黒田さんの紙芝居、お話にも静かに行儀よく耳を傾けていました。
神坂は熊が出没する事もあり、カバンに鈴を付けての登校のようです。
「自分の命は自分で守る」子供たちもしっかり実行されていました。
地域感いっぱいでとても良い勉強会でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-07-12  中津川市社会福祉協議会落合支部
「災害ボランティア体験」事業がゆうらく苑で行われました。
落合支部26名
社協11名
防災士なかつがわ会10名
の参加でした。
「災害ボランティア」と「災害ボランティアセンター」について
「リフレッシュ」(おらほのラジオ体操)
「寸劇、体験」
の順に行われ、体操もみんなニコニコで出来ました。
ボランティア体験では、みなさんどのブースへ行っても、積極的に質問をして
防災意識が凄いと思いました。
(自分の命は自分で守る)助けられるより自分は元気で助ける側に回る、最後の講評で防災士の方の言葉でした。
とても大切な事だと思います。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-07-01  苗木小学校つれさり防止紙芝居
苗木小学校での連れ去り防止紙芝居の様子です。

1年生から3年生まで参加して、みんな熱心に聞いていました。

「たすけて~」の声も、分かっていてもなかなか出せない子もいたり・・・。
これから夏休みを迎える子供たちが安全に過ごせることを願っています。


防災士なかつがわ会会員5名 参加
紙芝居は黒田さんです。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-06-28  第七回東部防災強化ネットワーク
平成28年6月28日、第七回東濃東部防災強化ネットワークが健康福祉会館4階多目的ホールで行われました。

●参加団体及び参加者
可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、下呂市および中津川市の行政、社協、防災ボランティア団体から51名が参加していただけました。御嵩町、川辺町は防災講座があり今回は欠席でした。

●内容
中津川市社協が先進的に実施している「災害ボランティアセンターの開設・運営」研修会の概要を殆どアドリブの寸劇で紹介した。その後、8グループに分かれ、災害ボランティア活動の在り方、受け入れ方やネットワークとしての行道の在り方などについて話し合った。
●その他
近隣市町で顔の見えるネットワークが図れ有意義な時間だったとのご意見をいただいた。

●次回は9月に可児市の予定。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-06-17  子育て支援センター勉強会
6月17日駅前プラザの中に有ります、子育て支援センターで防災勉強会が行われました。
子育てをされている親さん17名、乳児、支援センターの先生、防災士なかつがわ会から(吉村、杉山、酒井、山下、原(富) 黒田、伊澤)の7名参加
親さんの中には、お父さんの参加も有り和やかに行われました。
紙芝居、エコクッキング、ご飯、お粥、焼きそば、を作りみなさんで試食しました。
今回は下呂市の防災士さん8名、市役所の職員さん2名、の方達との交流会で勉強会の終了後別の会議室に移り、防災、阿寺断層、紙芝居、などお互いの市からいろんな意見交換が行われました。
最後に救急救命ドラえもん体操を急遽行い、久しぶりに体操をして忘れていて反省です、何事も日頃の訓練、練習がとても大切。
貴重な体験が出来てこれからの活動に生かして行ければと思います。
下呂市のみなさん、子育て支援センターの先生、出席されたみなさん、有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-06-14  子育て支援センター勉強会
6月13日坂下子育て支援センター防災勉強会が行われました。
15名の親さん、先生、子供さんの参加
防災士なかつがわ会からは5名参加しました。
防災紙芝居、防災グッズの説明 、パック久キングでご飯、焼きそば、を作りました。
みなさん本当に熱心に耳を傾けて、防災に対する心構えを勉強されていました。
最後にパック久キングで作った、ご飯、焼きそばを皆さんで頂きました。
おいしかったです、そして楽しく勉強会を終えました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-06-11  平成28年度NPO法人防災士なかつがわ会第1回総会
平成28年6月10日防災士なかつがわ会 解散
平成28年6月10日NPO法人防災士なかつがわ会発足
第1回総会40名以上の会員で新しい会
「特定非営利活動法人、防災士なかつがわ会」総会が行われました。
市長さんを初め、市役所、社協、消防署の職員さん、多くの来賓の方にお越し頂き盛大に行われました。
市民のみなさんの「安全、安心な生活」が出来ますよう
今まで以上に会員一同力を合わせて頑張って行きたいと思います。
よろしくお願いいたします。


  Link:防災士なかつがわ会
  2016-06-06  げんさい楽座
5月30日 岐阜大学サテライトキャンパスで行われました。
防災士なかつがわ会から 原廣志さん、黒田ところさん、伊澤さか恵の3人が出席しました。
この日はげんさい未来塾の方達の発表でした。
防災士なかつがわ会から黒田さんが「防災、減災」は子供のころから身近な事から、そして「自分の命は自分でまもる」それをきちんと伝える事。
など解りやすく話して頂きました。
その他にもいろんな地域の代表の方達の話がありました。
その後各グループでの話し合いでした。
身近な事でとても勉強になりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-05-24  5月23日防災教室
加子母子育て支援センター「くるりんぱ」
子育て中の今、備えておくこと、保育園、幼稚園に就園前の親子を対象に防災
教室が行われました。
大人15名  幼児4名 の参加
防災士なかつがわ会から4名参加
最初にパッククッキングでご飯を炊きました。
出来上がるまでの間 黒田さんの防災紙芝、トークを交えてのお話でした。
30分でとってもおいしく出来ました。
みなさんでいただきました。
最後に支援センターの先生の家の「持ち出し袋」の中身をだしての話し合い。
1時間でしたが 盛りだくさんの勉強会でした、みなさんとても熱心に聞いて質問も多く わが子思う親さんの気持ちがとても大きく優しさを感じました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-05-10  東学童保育防災勉強会
5月9日東学童勉強会が行われました。
防災士なかつがわ会からは杉山、黒田、原(富)、山下、中尾、伊澤
の6名で参加しました。
防災紙芝居、ガラスに見立てたたまごの殻ふみ、後に新聞紙で作ったスリッパを履いて殻の上を歩く。
防災頭巾を購入したとの事で(地震が来てダンゴ虫のポーズの後、地震がおさまったら防災頭巾をかぶって先生の指示で避難するを繰り返し練習しました。)
地震は本当に怖いです、何回もの繰り返しの訓練で「自分の命は自分で守る」
を意識して頂けたら良いと思いました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-04-26  げんさい楽座
4月25日岐阜大学サテライトキャンパスで19時より(げんさい楽座)行われました。
今回は熊本地震の被害調査報告  岐阜大学 能島暢呂様
レスキューストックヤード    栗田様
県保健福祉部 保健師      井田様
1 活断層有るところ、地震は起きる。
2 発生確率が低くても起きる、今回は30年発生確率「不明」「ほぼ0%」で発生
3 想定通りの規模になるとは限らない今回は「前震;予測より小+本心;予測より大」
4 熊本県では「布田川、日奈久断層帯中部、南西部運動M7.9」を想定、布田川区間にあたる「同北東部M7.2」は想定されていなかった。
5 岐阜県は活断層の密集地帯であり、地震が起きることを前提に備えましょう
現地報告
ボランティアは自分達だけで行動をするのでは無く、たとえば「トイレ掃除」にしても避難所に避難している人達と一緒に行う、など心がける。
自身発生直後は(1週間近く過ぎても)ボランティアに行っても仕事がない
3人の講師がそれぞれの立場からの体験談で学ぶ所も多かったです。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-04-23  [平成28年熊本地震義捐金」募金活動
4月23日9時~14時まで
アピタ前にて社会福祉協議会、ボランティア連絡協議会、防災士なかつがわ会
協賛で募金活動が行われました。
募金して頂いた皆さん、ありがとうございました。
募金活動に参加された皆さん、お疲れ様でした。
被災された皆様が一日でも早く元の生活に戻れます事を祈っています。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-04-12  3月29日の岐阜新聞
東地区公民館で東小学校の生徒を対象に歓送迎会が行われ、防災士なかつがわ会
では連れ去り防止の紙芝居が行われました。
その記事を岐阜新聞で取り上げていただけました。
ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-03-27  2016年3月26日18区
東地区18区公民館で東小学校の生徒を対象に歓送迎会が行われ
その中で交通安全、連れ去り防止の講習会が有りました。
東小学校の校長先生  お話
警察署生活安全課課長 お話
中津川市交通安全課2名 交通安全のお話
防災士なかつがわ会会員5名 参加  黒田さんによる連れ去り防止紙芝居が行われました。
生徒さん、その親御さん、180人の参加でとても良い取組でした。
生徒のみなさん、今日のお話しっかり覚えていてくださいね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-03-18  市役所 市民協働課主催 団体交流会
27年度 団体交流会が3月18日に行われました。
場所  市役所本庁4階大会議室
時間  19時より
●「地域協働とは」(石巻取組から)講師 松下嘉広氏 
● 参加者交流会
 グループごと交流
 自己紹介
 活動して良かった事  困っている事  失敗した事など
良かった事の意見が多く
● 活動している中でいろんな人と出会う事が出来て良かった。
● 活動をしていて自分も勉強できた。
最後に発表だけで終わらず、これをどのように協働に繋げていくかなど様々な意見が出ました。
初めて出会った団体の方達ばかりでしたが、どの団体さんも中津川市を良くしようと言う方達でした。

 
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-03-11  蛭川ひなたぼっこ
ひなたぼっこで東日本大震災5年目を迎え、防災に備えての取り組みが行われました。
最初に2時46分市のサイレンを合図に1分間の黙とうをしました。
防災士なかつがわ会
黒田さ、脇坂さん、伊澤の3人が参加
黒田さんによる防災紙芝居
100歳近い方もいらっしゃいましたが、みなさんビックリするほど、とってもお元気で紙芝居に一生懸命耳を傾けていました。
最後に今日のお礼にと言って歌を披露して頂きました。
玄関には吊るし雛が飾って有り心和む所でした。
元気をいっぱい頂きました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-02-28  2月27日連合女性防火クラブ研修会
坂本総合事務所で女性防火クラブのアルミ缶炊飯の講習会が行われました。
参加人数65名での講習会でした。
炊飯をしている間に防災士なかつがわ会の黒田ところさん、伊澤さか恵の二人で防災紙芝居をしました。
伊澤が紙芝居をしっていて、説明不足の所を黒田さんのナイスホローで無事終了しました。
女性防火クラブでの初めての試みでの防災紙芝居をしましたが、とても好評で嬉しかったです。
もちろんご飯もおいしく炊きあがりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-02-27  2月26日 中津川市社協苗木支部
災害ボランティア立ち上げ体験事業
出席者  約35名  
防災士なかつがわ会  11名 
社協職員
昨日同様寸劇から始まり
ボランティアとは、ボランティアセンターとは、を体験して頂きました。
みなさん真剣に体験して頂きました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-02-25  27年度中津川市社協ふくおか支部たせ地区
「災害ボランティア体験」事業
参加者  約30名  防災士なかつがわ会  10名  社協職員
災害時の助け合い活動について
「寸劇・体験」(災害ボランティア)
講評  防災士なかつがわ会
今日はいつもと少し違う形で防災士がボランティアの代表と言う設定で行いました。
スムーズに進み最後の質問の所でいろんな意見が出ました。
●ボランティアをしていたら隣の家のお爺さんが家も手伝ってほしいという時はどうしたら良いか
(ボランティアの人は受付で言われた事しか仕事をしてはいけない)
●病人の付添で医者に行くときの車はどうしたら良いのか
(ボランティアセンターの車)
いろんな質問の出た中で
●ボランティアセンターの立ち上がったと言う事をどのように知れば良いのか
(区長、または広報などで知らせるとの事とでした)
みなさんの防災意識がより高くなると良いなと思いました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2016-02-17  2016年2月20日恵峰ホームニュース
防災士なかつがわ会が警察と協力、子供向け防犯紙芝居を制作
「防災士なかつがわ会」が中津川警察署、中津川地区防犯協会と連携し、子供向け防犯紙芝居を制作しました。
同会は「自分の命は自分で守る紙芝居」を制作しさまざまな場所で上演し好評を得ています。
このような記事を恵峰ホームニュースで取り上げて頂きました。
是非みなさんご覧になってください。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-01-26  H27年度社協福岡支部「災害ボランティア養成講座
●日時:H28年1月25日(月曜日)18:30~
●場所:中津川市福岡・下野いきいき会館
●参加者:福岡地区社協、福祉関係役員27人/社協職員15人/防災士なかつがわ会5名
●準備:スタッフは16時30分に集合し会場作りとリハーサル
●内容:事前説明「ボランティアセンターについて」~寸劇~災害ボランティア体験
●会の担当:災害ボランティアを3グルーブに分けて引率し説明や評価およびまとめをさせていただきました。
●感想:この活動も開催地区や実施回数が増え、多くの方に災害ボランティアセンターの位置づけや、第二の災害とも言われる災害ボランティアの対応についても理解が深まってきていると感じます。とは言え、まだまだ役員中心であり、今後、役員から住民に対しての啓発を期待しています。
 シナリオも定着しましたので、まだ実施していない他の市町へも展開できると良いですね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-01-17  苗木本町区防災勉強会
2016年1月16日苗木本町区オレオレ詐欺防止勉強会が行われました。
苗木本町会館
午前10時より
参加者20人弱
防災士なかつがわ会から5名(杉山、伊澤よ、原ひ、黒田、伊澤さ)
苗木駐在所から1名(松岡様)
オレオレ詐欺の被害がなかなか減らない、そんな中この地区では本当に一生懸命
取り組んでいました。
地区のみなさんによる寸劇(とても解り易い寸劇でした)
駐在所署員の方の話を織り交ぜながらの勉強会の区民のみなさんの反応も良かったです、
その後防災士なかつがわ会で紙芝居(オレオレ詐欺中心)
今回は勉強の為伊澤が担当しました、緊張しましたが、無事に終了しました。
午後からは杉山さんによる家具転倒防止の講習会がおこなわっれました。
みなさん今日の勉強会を生かしてオレオレ詐欺には気を付けましょうね。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-01-16  阿木小学校防災訓練
2016年1月15日阿木小学校で防災訓練が行われました。
防災士なかつがわ会から5人お手伝いに行きました。
(西尾、黒田、原ひ、脇坂、伊澤)
初めに生徒さんが外で訓練して、体育館に集合、その後消防署の職員か訓練の批評、防災紙芝居、大声体験、煙体験、でした。
今回で4回目の訓練だそうですが、とっても生徒さんも良く覚えていて、中でも
「あ、お、は、し、も」と言う言葉私は初めて聞いたことばでした。
あ→慌てない  お→押さない  は→走らない  し→しゃべらない  
も→戻らない
たしかに緊急の時は一番大切な事です、子供さんが覚えやすいように教えられていて、凄いなーって思いました。
まだまだ見習わなくてはいけない事が沢山あります。
今年に入って最初のボランティアでとても勉強になりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2016-01-14  転倒防止作業
2016年1月14日山手区に有ります、消防部庫の裏に有る、防災倉庫の転倒防止作業を、防災士なかつがわ会の杉山さんに行って頂きました。
とても寒い日でしたがこころよく、手際良く作業して頂けました。
床にそのまま置いてありましたので、歩く所もなく危険な状態でした。
隅の方にあった物にわカビが来ていました。
2時間くらいで終わりましたが、本当に綺麗に片づけて頂きました。
本当に感謝です、杉山さん、ありがとうございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-12-22  げんさい楽座
12月21日
岐阜大学サテライトキャンパス多目的講義室
お題;地域で防災に取り組む時の課題とその解決策
カードによる意見交換
防災士なかつがわ会から4人参加
(原富巳夫、脇坂一善、黒田ところ、伊澤さか恵)
●生活パターンや家族構成の多様化から、同じ訓練が出来はい
(曜日を替えて出来るだけ大勢参加できる日を設定する)
●防災運動会を市民運動会の競技の一つとして入れて、欲しいけど手続きがわからない
(地域の役員、体育委員と話し合いの場を持つ)
●地域に防災士がいてすでに地域防災の活動をしている
(今、実施している)
など沢山のカードを開いてみんなで話し合い解決方法を見つけて最後にグループ発表をしました。
役に立つ事、これはと思う事、いろんな意見が出て1年の締めくくりでとても良い勉強になりました、また来年もいろんな行事に参加して、感動したり、発見したり、少しでも、みなさんの役に立てるように頑張りたいとおもいます。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-12-16  H27年度社協山口支部「災害ボランティア養成講座
H27年12月15日(火曜日)
山口公民館研修室
山口支部役員30人参加
社協の職員約15人参加
防災士なかつがわ会の会員9名参加
スタッフは5時に集合して会場作り、その後リハーサル
7時から行われました。
事前説明「ボランティアセンターについて」
リフレッシュ体操をして
寸劇、体験「災害ボランティア体験」
好評の順で行われました。
防災士なかつがわ会の7メンバーはいつものように、各班に分かれてお手伝いしました。
寸劇からの体験でとっても和やかに進み楽しく体験して頂きました。
(少しでも防災に関心が持てた、来てよかった、)の声を聴き私達も嬉しく思いました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-12-08  川上保育園、すずらん、落合学童防災訓練
川上保育園に行き、防災紙芝居、救急救命ドラえもん体操
デイサービスすずらんに行き 防災紙芝居
落合学童に行き 防災紙芝居、救急救命ドラえもん体操
この順番で防災士なかつがわ会の会員10名お手伝いに行きました。
移動が3回有り大変でしたが、無事終了しました。
いろんな出会いが有り楽しかったです、そしていっぱい勉強もしました。
来年はもっと勉強して元気な子供さん、お年寄りのみなさんに元気を分けて頂きながら頑張りたいと思います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-12-05  岐阜県ボランティア.市民活動フェスティバル2015
テーマ  考えよう!未来につなげる地域の輪
最初は4分科会に分かれて
● 「地域で本当に必要なボランティアとは」
● 「減災社会づくりのために私達(ボランティア)が出来る事」
● 「地域の暮らしをつなぐ~生活支援ボランティア~」
● 「歴史を愛するまちづくり」
後半は恵那文化センターで講演 「未来を作るボランティア」
講師 大阪ボランティア協会 常務理事 早瀬昇様
防災士なかつがわ会から3名出席(吉村輝雄、原廣志、伊澤さか恵)
私達は分科会2の恵那消防署防災センターに出席しました。
長谷川孝雄様、中村淳司様 伊藤道廣様 岩井慶次様の発表
移動して恵那文化センターでの講演ではユーモアが有り、わかりやすい講演で
納得できる事がたくさんありました。
このフェスティバルに参加して勉強する事がたくさんありました。
良かったです。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-12-01  落合小学校での防災教室
落合小学校の1年生2年生を対象に防災教室が行われました。
最初学校に入ったら「こんにちは、今日はよろしくお願いします。」
礼儀正しくむかえられました。
 防災士なかつがわ会から5人お手伝いで参加(吉村輝雄、原廣志、原富己夫、黒田ところ、伊澤さか恵)
1 防災、防犯、の紙芝居
2 救急救命ドラえもん体操
最初から元気が良く活発に手をあげ机の下に入ったり、ダンゴ虫のポーズをしたり、楽しんで黒田さんの話を聞いていました。
ドラえもん体操もみんなで出来てとっても上手でした。
私達も元気を分けて頂きました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2015-11-30  瑞浪市下一色防災訓練
場所 下一色公民館
防災士なかつがわ会から3人お手伝いに行きました。(伊澤米夫、原廣志、伊澤さか恵)
出席者、子供、大人合わせて50人参加
1 防災紙芝居
2 救急救命ドラえもん体操
3 アルミ缶炊飯
4 新聞紙で作るスリッパ
5 ポリ袋で作る雨カッパ
防災紙芝居、ドラえもん体操は順調に進みました。
アルミ缶炊飯は面倒な所は全部準備していきましたが、30分ではどうしても時間が足りなくて、細かく説明出来ませんでした。
でもご飯はとってもおいしく炊く事が出来ました、嬉しかったです。
それと伊澤は防災紙芝居のデビューの日でした、無難に進み良かったです。
この緊張を忘れないようにこれからも頑張ります・
紙芝居の写真がなくて残念です。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-11-29  松田区会役員 避難所運営訓練(HUG)
1 ゲームの流れ
● カードの読み上げる人を決める
● 災害状況の設定条件(今回は地震を想定)
2 日時場所天候
3 ライフラインの状況
4 公民館の設備、備蓄
ゲーム開始と作戦会議
5 ゲーム終了後のディスカッション
50人の参加により、このような順番で行われました。
防災士なかつがわ会も会員4人お手伝いで参加(吉村輝雄、原廣志、黒田ところ、伊澤米夫)
みなさん真剣に取り組んでいて防災に対する意識の高さが伝わってきました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-11-22  平成27年度中津川市地域防災リーダー育成講座
11月22日健康福祉会館4Fで行われました。
今日は最終日です。
1 地域の自主防災活動 防災士として何をすべきか。
防災士なかつがわ会 吉村輝夫様
2 身近で出来る防災対策 具体的な減災対策の提案
防災士なかつがわ会 杉山輝仁様
3 近年の自然災害に学ぶ
防衛省自衛隊 岐阜地方協力本部恵那地域事務所所長 青山拓生様
4 地震のしくみと災害
岐阜大学工学部 能島暢呂様
5 風水害と対策 防災気象情報の上手な利用の仕方
気象庁 岐阜気象台次長 林久高様
6 防災リーダー証授与 中津川市災害に強いまちづくり市民会議会長 
水谷幸夫様
7 防災士資格取得試験
NPO法人 日本防災士機構
この順番で行われました。
防災士なかつがわ会の会員14人お手伝いしました。
講師のみなさん、試験を受けたみなさん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-11-21  岩村町福祉委員、民生委員、児童委員、協議会合同研修
11月19日 岩村福祉センターで午後7時30分より行われました。
見守り活動と防災を学ぶ、「自分の命は自分で守る紙芝居」
防災士なかつがわ会で黒田さん、原広志さん、伊澤、の三人で出席しました。
黒田さんの紙芝居、意見交換が行われました。
お年寄りの一人暮らしが多いから、いざと言う時はどうしたら良いか、年寄ばかりで助けに行ける人も居ない。
家が密集している所に住んでいますが、火災の時は何を一番に優先したら良いかなど、活発に意見が出ました。
防災についての課題は尽きないと思います。
「自分の命は自分で守る」をより多く一人ひとりが、意識を高めて頂きたいと思います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-11-21  平成27年度ボランティア連絡協議会 研修旅行
11月21日浜松中田島砂丘
目的 地球温暖化による気象、魚、海岸などへの影響を知りボランティア活動と自らの生活に役立てる。
防災士なかつがわ会からは五人出席しました。
砂丘も昔とは変わり砂が少なくなり、海岸から石ころが多く流れ付くと言う説明を受けました、
たしかに、小石が多く砂丘も草が生えていました。
いろんな団体の方達とも知り合いになれてよかったです。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-11-08  平成27年度中津川市地域防災リーダー育成講座
中津川市健康福祉会館4Fで行われました。
午前中は、普通救急救命講座 中津川消防署 林様 松前様
昼食はパッククッキングでカレーライスとお味噌汁 保健師 糸井晃美様
昼からは、災害と交通インフラ岐阜羽島警察署 機動警ら課長 広域緊急救助隊中隊長 田村英樹様
土砂災害と対策 恵那土木事務所 高原琢実様
災害と危機管理 防災士 西田重成様
災害医療 中津川市民病院 病院前救急診療科 比嘉徹様
このような工程で行われました。
防災士なかつがわ会9名がお手伝いに行きました。
お昼のカレーライスおいしかったです。
救急救命講習みなさん一生懸命でした
後少しです、みなさん頑張ってください。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-11-01  健康福祉まつり
平成27年度健康福祉まつり実施されました。
社会福祉協議会、防災士なかつがわ会、市民病院、CSネットワーク、などをはじめいろんな企業の方々の出店で盛り上がりました。
防災士なかつがわ会では、紙芝居のステージ発表、CSネットワークでは救急救命の寸劇、ドラえもん体操を披露しました。
お客さんが少なく、少し残念でした。
とっても大切な事なので、もっともっと多くのお客さんに見たり体験したり、して頂けると良かったと思いました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-10-27  大井学童保育 防災、連れ去り防止
恵那市大井学童保育で防災紙芝居
救急救命ドラえもん体操
連れ去り防止紙芝居
小学校の1年生~6年生までの小学生
初めに防災紙芝居、いろんなクイズにも答えられて、頭を隠してのダンゴ虫
ポーズもしっかりできました。
防災紙芝居終了後ドラえもん体操をしてリフレッシュ
次に連れ去り防止紙芝居、防犯ベルの説明など新しい紙芝居でした。
一時間と言う時間でしたが、どの子も目を輝かせていました。
終わって跡かた付けけをしていたら、先生が「今習った事の復習ですよって」
紙芝居中メモを取っていた紙を出して子供たちに質問していました。
先生の防災、防犯、に対する前向きな考えに今日ここにきて良かったと思いました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2015-10-25  坂本中学校、宿泊防災訓練
10月22日~23日にかけて坂本中学校1年生の生徒さんが宿泊防災訓練を行いました。
22日13時30分から「地域防災点検、通学路の点検」
、愛知工業大学が指導 / 同行スタッフ防災士なかつがわ会6名
18時30分から「パックっクッキング、段ボールで避難所作り  スタッフ8名
10月23日8時30分~11時  「岐阜大学高木先生のDIG  スタッフ5人
通学路の点検終了後グループに分かれて発表、とてもよく調べていました。
パッククッキングは焼きそば、非常食、空気も良く抜けて真空になっていたため1つも割れる事も無くとってもおいしくできました。
段ボールで避難所作りも  手早く綺麗にできていました。
どの訓練にもみんなで真剣に取組み感心しました。
たぶん坂本中学の生徒さん、2日間でいろいろ学び1回り大きく成長されたっと
思います。
一緒に訓練して学ぶ所も大きかったです。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-10-22  加子母社会福祉協議会 災害ボランティアセンター体験
災害時の地域の支えあい、助け合い活動を学ぶ
加子母社協の皆さん、支部の皆さん、約50人での講習会
ボランティアセンターについて
救急救命ドラえもん体操、ボランティア立ち上げの寸劇に続き、実際に体験しました。
●ニーズ受付  ●ボランティア受付  ●マッチング班  ●送り出し班  
●資材班  ●ボランティア派遣先の家  ●資材班  ●活動報告受付班
の順に各班に分かれて皆さんで体験されました。
防災士中津川会のみなさんも各班に分かれてお手伝いしました。
最初に、災害に合ったら失っても良い物を選んでください
お金、友人、家族、健康、隣近所地域、役割、趣味いきがい、家土地
一番目失っても良い物を、二番目に失っても良い物と順番の紙を破いていきました。
「災害が来ると全て失う事になるかもしれませんよ!!」
の言葉に、日頃何でもなく接している家族、友人、物、どの項目もとっても大事と言う事に気づかされました。
このような訓練に何回も参加させて頂いていますが、毎回貴重な体験です。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-10-21  阿木保育園地震対策、連れ去り防止紙芝居
10月19日阿木保育園で防災紙芝居、卵の殻をガラスに例えて足ふみして素足だとこんなに痛いから地震が来たら、靴が必要と言う事を実際に体験しました。
紙芝居は、「地震の対応、連れ去り防止」小さい子供には難しいかな?と思いましたが、一生懸命話を聞いたり、意見もいっぱい言えました。
連れ去り防止の時、防災士が一人の子供さんに声をかけた所、固まってしまい声も出ませんでした、すかさず他の子たちの「たすけてー」の声が出せました。
ドラえもん体操も一緒に出来て、いろんな体験に子供達も目を輝かせて参加していました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-09-29  清流の国岐阜防災、減災センター「げんさい楽座」
岐阜大学図書館1階で行われました
今回のテーマは「火山」でした
岐阜県には火山が5か所、白山、焼岳、アカンダナ山、乗鞍岳、御嶽山
最初に、火山防災対策の取り組みについての話(火山防災体制の整備)(情報発信の強化)(登山者の安全確保対策)(火山防災教育の推進と防災訓練に実施)(火山防災対策推進のための人材育成)
次に2つの課題が出されてグループで話し合い発表
登山するときのスタイル、情報収集、レベルだけを見るのではなく、地元の人の意見も聞く、噴火口に近寄らない、シェルターの事などの意見交換が活発に行われました。
参加する事で分かる事が多く楽しく勉強する事ができました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-09-28  苗木学童保育所勉強会
苗木事務所2Fで(不審者や連れ去り)対策の紙芝居で勉強会をしました。
防犯ベルの使い方、大声体験など子供なりに自分の命は自分で守ろう。
黒田さんの紙芝居、防災士なかいがわ会の会員による、大声体験、最初は恥かしがってなかなか出来ませんでしたが、慣れてきたらみんなで大声を出す事が出来ました。
中でも一番大きい声が出たのは女の子でした、
最後にドラえもん体操をしました、二回目でしたのでみんなで元気よく体操しました、何回も繰り返すうちに覚えて頂けると思います。
子供達からもいろんな意見が出てとっても良い勉強会でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-09-17  第4回岐阜県美濃東部防災力強化ネットワーク委員会
昨日、可児市防災の会主催により行われました。
「可児市防災の会」の活動報告
グループ討議(クロスワード体験)
清流の国防災減災センター関係者との意見交換
中でもクロスワードは各テーブルごとで自己紹介から、そしてゲームに移ります
設定は「2人暮らしの老夫婦」夫は少し前から「寝たきり」1人では動くこともできません。
外は今までにない大雨で、お隣さんから避難を呼びかけられました。
あなたは夫を連れて無理にでも避難しますか。YES、NO、答える
NOが多く、1人では動かせないので外に出たら危ないのでとにかく家の安全な場所で待機などの意見が多かった。
最初はグループの人は誰も知っている方がいなくて凄く不安でしたが、討議しているうちに、みなさんと打ち解けてスムーズに進みました。
初めてのクロスワード、新しい発見、そして新しい出会い、楽しい時間でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-09-07  中津川市社協登録ボランティア連絡協議会交流会
岐阜市ボランティア連絡協議会の方々も参加され、約70名の参加人数、12グループに分かれて自己紹介から始まり、
● ボランティア活動をして喜ばれた事、良かった事
● ボランティア活動を続けて行くための、今後の課題
などを話会いその後グループ発表が有りました。
ありがとうの一言が嬉しかったとか、いろんな出会い、ふれあいがあり良かった
男性ボランティアが少ない、若い人が少ないなど意見が出されました。
中でも、80歳を過ぎたら達者でいる事が一番のボランティアなど。
たしかに!!納得です
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-08-31  8月30日中津川市内全地域防災訓練
今年の防災訓練の課題は市から配布された地図をもとに危険個所などを見ながらの避難訓練でした。
もちろん避難場所に集まればいろんな訓練がありました、
私は第一中学校でしたが、アルミ缶炊飯、人形を使ってのAEDの講習、など、大勢の地域のみなさんの参加で訓練も時間を忘れるほどでした、もう少し時間が欲しかったです。
昼からは東小学校で1,2年生を対象に地震についての訓練。
紙芝居を黒田さんが行いました、みなさん凄く静かに耳をかたむけて黒田さんの質問に答えていました。
頭を抱えててのダンゴ虫ポーズもとっても上手でした。
その後、伊澤による救急救命のどらえもん体操をしました、始まる前に一部子供さんが、何も言わないうちから、どらえもん、どらえもんって言っていました。
私の顔を見て、(あんたどらえもんだー)なんて言って覚えていてくれる人もいますす。。
複雑な気持ちですが、ある意味嬉しいかな!
こんな風に地域の方達と一緒に防災士として歩んで行きたいとおもいます。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-08-22  中津川市落合11号区自主防災会避難訓練
阿寺断層による直下型地震が発生し、当区が災害を受けた事を想定し、被災から区民の命を守り、被害を最小限にとどめるためと言う想定で、訓練を実施しました。
最初に救急救命(人口呼吸、AEDの使用法、三角筋の使用法、毛布と竹でタンカーを造る、)など消防署職員、黒田さん、原さん、伊澤ははCS ネットワークで参加
その後、黒田さんによる防災紙芝居
100人以上の自主防災会の方達の参加で毎年この訓練が行われています。
さすがに経験者です、みなさん積極的にこなされました。
私たちはここで終了、でもみなさんは場所を替えて消火器の訓練、テント張りの訓練、大声を出す訓練、バケツリレーなどがありました。
毎年続けると言う事は自然と身につくと思います。
本当に大切だと思いました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2015-08-19  西児童保育防災講習会
今日の紙芝居は地震の時の対応、連れ去り防止、など子供達と一緒になつて、質問したり回答したり、みんな良く知っていました。
中でも岐阜県の回りに有る7つの県がすべて言えたことには凄いと思いました。
救急救命体操は、からだを動かすより、ドラえもんの歌の大合唱になりました、
それも良いのではないかと思いました、歌でも何でも興味をもって頂ければ、有りがたいです。
みんなとにかく元気、子供は元気が何よりです。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-08-09  ロケットストーブ
昨日は四つ目川上流で、中村、上金、尾鳩、地区のみなさんで「もしライフラインが止まってしまたら!」と言うことで、ロケットストーブ、瓦ストーブ、レンガストーブ、などを作って炊飯しました。
他には土石流の実験、雨量計の作り方、雨量体験(国土交通省の職員)などが行われました。
レンガストーブは結構簡単に積み重ねて作り、私も家に作ろうなんて考えています。
瓦スト―ブは積み重ねるのに大変そうでした、今日は防災士の吉村さんが作成しました。
ロケットストーブはもう作って有り点火して直ぐに調理が出来ました。
カレーライス、焼きそば、冷やし汁、みんなおいしく頂きました。
どの方法も初めての体験で今日は参加出来て本当に良かったです。
最後に黒田さんと伊澤で(救急救命ドラえもん体操)をして、みんなで参加して元気に体操して頂きました。
暑い中みなさんお疲れ様さまでした、そして有難うございました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-08-05  苗木学童保育防災勉強会
今日はアルファー米での非常食の作り方の説明から始まり
防災紙芝居、救命救急ドラえもん体操、防災 Yes、NO クイズの順で行われました。
防災紙芝居の時、静かに聞いていて、いろんな質問にみんなで手をあげて活発に答えたり、地震が来たらの質問には頭をおさえてダンゴ虫とポーズで答えて日頃の訓練がしっかりしているなぁと感心しました。
ドラえもん体操もみんなで出来て体操は覚えられなくても、ドラえもんの歌を聴いたときに、こんな体操したなって思い出して頂ければ嬉しいです。
イエス、ノークイズでは紙芝居で勉強した成果がでていてとってもよかったです。
その後、みんなで非常食を頂きました。
とっても良い勉強会だと思いました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2015-08-03  中津川市社協南支部災害ボランティア体験事業開催
「8月1日深夜、伊勢湾台風に匹敵する大きな台風が中津川市付近を通過し、大きな被害を受けた。河川の氾濫や土砂崩れが発生し、約50軒の家が床上、床下浸水の被害を受けた」2日後に災害ボランティアセンターが設置され、全国から沢山のボランティアがかけつけた。と言う事例で訓練が始まり、南地区の皆さんと社協の方達と一緒に寸劇が行われ、地域の方達がボランティア団体で活発に訓練が進行しました。
防災士なかつがわ会の会員は、①ニーズ受付班 ②ボランテァ受付班 ③マッチング ④送り出し班 ⑤資材班 そして 誘導役 に分かれて活動しました。
とまどいながらも、参加者の皆さん一生懸命体験されました。
最後の質問の所でも、意見を出されて災害における意識の高さを感じる事ができました。

  Link:防災士なかつがわ会
  2015-07-23  坂本地区学童災害体験教室
「防災紙芝居」「救急体操」「クロスロードゲーム」「パッククッキング、焼きそば」「割れガラス体験」「避難所体験」「グループ発表」
今日は盛り沢山の体験でした。
こんなに沢山の行事なのに、子供達はすごく熱心で感動しました。
割れガラス体験では、たまごの殻を最初は素足で踏んで「イタイイタイ」と言っていましたが次にスリッパを履いての体験ではニコニコしていました。
ここで履物の大切さを学びました。
パッククッキングでは焼きそばをみんなで袋に入れて、空気を抜いてお湯に入れる。焼きそばは私も初めてでした、ご飯はアルファー米のご飯でした。
どちらもおいしく頂きました。
最後にグループ発表でしたが、みんな代表者がしっかり答えていました。
とっても良い災害体験教室でした。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-07-22  中津川市 東学童クラブ防災教室
初めての防災教室「防災ってなんだろう?」「自分の命は自分で守る!」をテーマに分かりやすく説明。
(防災紙芝居)(クロスロードゲーム)(非常食の説明)(救急救命ドラえもん体操)(非常食で昼食)盛りだくさんでした。
紙芝居ではみんなで地震が来たら?の質問に机の下に避難するとか頭に手を乗せてダンゴ虫になるなど元気に答えていました。
ゲームは子供達に内容を読んでもらい○ ×で回答をする。
体操は最初に動きの説明をして、後は見て一緒にからだを動かす。

一番元気が良かったのは昼食でした。
今日訓練をしたことを心の何処かに覚えておいて、いざと言う時には思い出して頂ければと願います。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-07-09  緊急時における児童のひき渡し訓練
●中津川市でゲリラ豪雨が発生し、12時に中津川市内に大雨洪水警報が発令
●児童は「学校待機」。その後安全に下校させるため保護者にひき渡し
と言う設定で訓練が開始されました。
各地域事に時間を決めて順次迎えにきますた。
出口から入ろうとする車、一方通行を無視する車、など有りましたが、先生、防災士なかつがわ会の皆さんでの交通整理で無事終了しました。
徒歩でのお迎えのお婆ちゃんだと思いますが、こちらの道は用水が氾濫するかもしれないから、別の道を帰ろうねって確認しながら帰って行きました。
誰もがこのような気持ちで訓練に参加して頂けると良いなとおもいました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-06-22  岐阜県美濃東部防災力強化ネットワーク委員会
可児市、御嵩町、土岐市、瑞浪市、恵那市、下呂市、中津川市の市役所防災担当、社会福祉協議会、防災ボランティアの方々で会議が行われました。
●全員の自己紹介から始まり
●防災訓練や組織作りについての事例発表
●防災紙芝居の実演
●防災フェスティバルの事例発表
●地域連携した活動例
●グループ討議
中でも、グループ討議は全然知らない方のいろんな意見が聞けて中身の濃い会議で、とっても勉強になりました。
  Link:防災士なかつがわ会
  2015-06-10  中津川保育園での防災訓練
●防災紙芝居  黒田ところさん
 紙芝居を見ながら保育園にいる時、地震が来たらの質問に「ダンゴ虫」
家で地震が来たらの質問に「ダンゴ虫」
元気な声で答えたり、丸くなったり、こんなに小さい子供達に防災の意識を
教えている先生、それを覚えている保育園児、すごく感動しました。
●救急体操  伊澤さか恵
 この体操も少し難しいかなとおもいましたが、私を見て一生懸命からだを動かしてくれました、またまた感動。
先生に、もう少し小さい子供達も出来たかもしれないと言って頂きうてしかったです。

  Link:防災士なかつがわ会
  2015-03-19  災害ボランティアセンター体験講座
災害時のボランティアセンターやボランティアの活動の流れを体験しました。
途中の寸劇は必見の価値ありです。
スタッフ参加者合わせて40名ほどでした。
  Link:防災士なかつがわ会
    
  Link:
    
  Link:
    
  Link:
| お問い合わせ |